新入社員が会社でやってしまった失礼な失敗談!先輩も経験済?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新入社員 eye


桜が開花する春には、新たな人生をスタートする人も、たくさんいるのではないでしょうか。

新入社員・新社会人になる人々は、まずは入社式というイベントが待っています。

これから社会にでる新入社員さんも、迎える側の先輩達も期待と不安が入り混じっている心持ちです。

新入社員を迎える先輩達も、過去には新入社員であった頃もあったのですから、失敗談は必ず1つや2つあります。

今回は、そんな先輩達が新入社員だった頃の、4つのありがちな失敗談を紹介し、それに対するアドバイスと、会社での心構えをまとめてみます!

[adsense]

新入社員の失敗1 電話が鳴ると怖い!

先輩

今の時代、スマートフォンでLINEなどの、メッセージアプリを使って、友達などとやり取りすることが、ほとんどでしょう。

しかし会社間の付き合いでは、連絡手段の中心は、やはり電話が多いです。

そして、オフィスでは自分にだけではなく、様々な人への電話がかかってきます。

新入社員の失敗談としては

  • 自分の会社名が出てこなかった。
  • 相手の会社名や名前をちゃんと聞き取れなかった。
  • 相手からの要望に適当に答えてしまい、上司に怒られた。
  • 伝言を正しく伝えられず上司に怒られた。
  • 電話で言われていることがさっぱり解らなかった。

などがあります。

一度失敗してしまい、電話の相手や上司に怒られてしまうと、次からはなかなか電話が鳴っても、手が伸びなくなりますよね。

新入社員へのワンポイントアドバイス!

電話の向こうにいる相手は、要件を伝える時に待ってはくれません。

用件は、メモに殴り書きでもいいから書き込みます。

  • 相手の会社名
  • 部署
  • 名前
  • 電話番号

を用件のメモの下に書き込みます。

1 2 3 4
ページトップへ