新入社員が会社でやってしまった失礼な失敗談!先輩も経験済?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新入社員 eye

そして必ず

復唱

するようにしましょう。

電話の相手も、同じく新入社員でない限りは、電話の受け応えのぎこちなさなどで、相手が新入社員だとわかったりします。

その為、復唱の時にゆっくり話しても、きっと大目に見てもらえます。

そして、電話を切ってから、伝言を整理して、社内の相手に伝えるようにしましょう。

または、予め受け答えをいくつか作っておいて、わからない時は、調べて折り返すようにしてもいいですね。

伝言メモ

1本でも多くの電話を受けることで、会社の情報もその数だけ吸収できます。

恐れずに誰よりも多くの電話に出ましょう!

電話は左手、ペンとメモは右手が基本です。

さらに欲を言えば、電話が鳴ってから

3コール

以内で出ることができれば、より良いですね。

 

新入社員の失敗2 会社の人の顔と名前が覚えられない!

人の顔を覚えられない

先輩達からすると、新入社員は数名です。

しかし、新入社員からすれば、自分の部署、他部署、取引先など、覚えなければならない顔と名前は、数え切れないほどあります。

新入社員の失敗談としては

  • 本人と違う名前で呼びかけてしまった。
  • 名前やあだ名を持っているので混乱した。(とくに女性)
  • 他部署の上司に用事があって声をかけたら人間違いだった。
  • 電話がかかってきて、席を外していると思い、そのように対応したら実は席に座っていた。

などがあります。

顔を覚えきれずに、名前を間違えてしまうのは、相手にも失礼になりますよね。

新入社員へのワンポイントアドバイス!

人の顔を覚えるには、しっかりと相手の目を見て、相手の顔などの特徴を覚えるようにすると、名前と特徴が結び付いて覚えやすくなります。

「おはようございます!」

など、朝の挨拶をする時にも、必ず名前を呼びましょう。

1 2 3 4
ページトップへ