新入社員(新社会人)の名刺入れ!色や素材とおすすめブランド紹介

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新入社員のスーツアイキャッチ

財布と感覚が近いと考え、財布と同じ素材で揃える人もいますね。

名刺入れの基本は、スーツやネクタイ同様、

ビジネスマナーの範囲内

で、考えるのがベストな考え方です。

『個性がない』と言われるかもしれませんが、特にビジネスマンは、

『出る杭を打とうとする気質』

もあり、あまりにも自身の個を重んじる人を嫌う傾向があったりもします。

そのため、ビジネスマンの一般常識として、プラスチック製や布製は、社会人らしさに欠けるという理由から、あまりおすすめ出来ません。

ここは

革製

でしょうね。

革製は、多くのビジネスマンが使用されているという観点から、名刺入れの素材としておすすめ。

一般常識として多くの人が、革製の名刺入れを愛用している事もあって、同じく革製を使うことで、相手から変な人という印象持たれません。

どちらかといえば、誠実で真面目という印象を与えやすく、さらに落ち着いた印象を与えられるために、無難に革製を使った方が良く、おすすめしているのです。

もちろん、それだけが名刺入れの全てではありません。

少しでも落ち着いた印象を与えれば、仕事上の関係構築もし易く、円滑に物事を進めやすくなるわけですから、革製の名刺入れを使ったほうが、無難なのは言うまでもないことでしょう。

また、革製であれば、長く使い続けることで味わいが出てきて、より落ち着いた印象を与えてくれます。

社会人としての投資として、少し高品質のブランド物の名刺入れを購入し、大人の一歩を踏み出しても良いかもしれませんね。

ただし、革製であればなんでもOKというわけではありません。

固めなもので傷つきやすいもの

も商品としては少なくないので、まずは自分の手に馴染むかどうか確かめてから購入するようにしましょう。

最後に、新入社員(新社会人)として、恥ずかしくない物を持つことを意識してくださいね。

名刺入れの色

先程もお話しましたが、名刺入れの形・サイズは、おおよそ共通しています。

それだけに名刺入れのカラーは、ちょっとした違いでも非常に目立ちやすくなってしまいます。

派手目な色は、たとえその色があなたの好きな色であったとしても、絶対にご法度と考えた方が良いでしょう。

あくまでビジネスシーンで使用する名刺入れなのですから、プライベートと切り分けして、ビジネスシーンにふさわしいカラーで無難にまとめておくのがおすすめです。

では、、ビジネスシーンにふさわしい名刺入れのカラーとはどんな色なのでしょうか。

基本的な考えは、

スーツやネクタイと同じ

で目立ち過ぎず落ち着いたカラーが、ビジネスシーンにふさわしい色として好まれる傾向にあります。

例えば、黒、茶、青などの落ち着いた色から選ぶのが無難です。

黒は、訃報を象徴とする色ということもあり、嫌う人も中にはいます。

職種によっては、避けたほうがいい色と選んだほうが良い色と分かれてしこともあるようです。

一番無難なのは、多くの社会人が使用している茶色ではないでしょうか。

落ち着いたカラーでもありますし、革製品の名刺入れなら長年使用することで渋みも加わり、味わいがあります。

少しオシャレでありながらも、それほど目立たないために、好印象を与えやすい無難なカラーとして茶色がおすすめですよ。

逆に絶対に避けたほうが良いカラーは『赤』と『黄色』です。

まず、多くのビジネスマンが使用していない、というのも一つの理由ではありますが、なによりも赤や黄色は暖色系の派手なカラーなので、個が目立ってしまいます。

先程もお話したとおり、あまり個を主張することをビジネスマンは好まれません。

これらの色の名刺入れを見せてしまうと、それだけで印象を悪くしてしまいかねないのです。

そもそも名刺入れで、極端に印象が上がることはなく、逆に印象を悪くしてしまうことが多いのです。

それだけに無難に他人も使用している色の名刺入れを使用した方が良いかもしれないくらいです。

どうしても他の人と差を付けたいのであれば、ブランド物を購入し、ロゴマークやワンポイントで大人の風格を醸し出し、それで差を付ける程度に押さえておくのが良いですね。

名刺入れの機能性

素材、色も大事ですが、もう一つ重要なのは『使いやすさ』です。

名刺交換は、ビジネスマンにおいて重要な所作の一つでもあるのに、使いにくい名刺入れを使用し、名刺交換をモタつかせていたら、それだけで、相手には悪い印象を与えてしまいかねません。

さっと名刺を取り出し、スマートに交換できてこそ、相手に好印象を与えられるわけですから、名刺入れの機能性は重要視した方が良いでしょう。

中でも気に掛けたいのが、

収容枚数(名刺が何枚入るか)

ではないでしょうか。

どんなに秀逸な名刺入れでも、数枚程度しか収容出来ずに、すぐに名刺が切れてしまい、いざ交換すべき席で『名刺が足りない』できないなんて事になったら、目も当てられません。

挨拶回りで絶対に名刺を切らしてしまわないように、最低限、収容枚数に余裕があるもの(できれば30枚以上収容できるものを選びたい)を購入するようにしましょう。

その際に、頂いた名刺と、自身の名刺を区別して入れられるスペースがあるかどうかも確認すべきです。

収容スペースが1つしかないと、自身の名刺と、貰った相手の名刺を簡単に区別することができないので、社外で繰り返し名刺交換をしているうちに、貰った名刺が増え、自分の名刺を探すのに時間が掛かってしまうかもしれません。

どうしてもそのような2つのスペースがある名刺入れが見つからない場合はやむを得ませんが、出来る限り2つくらいは収容スペースがあり、自身の名刺と、交換してもらった方の名刺を区別して収容できる名刺入れを選びましょう。

また、可能であれば、実際に名刺を取り出しやすいかどうかを確かめさせてもらってから購入した方がよいです。

なかなか購入前に勝手に試すことは出来ませんが、お店の店員にお願いして、手にとって使い心地を確かめさせてもらうようにしましょう。

[adsense]

新社会人・新入社員の名刺入れのおすすめブランド

革製品でブランド物の名刺入れというと、

『価格が高いのでは?』

1 2 3 4
ページトップへ