アニメ『プリパラ』の“神アイドル”って何だったの?徹底考察

アニメ ゲーム テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小学生女児向けでありながら、老若男女問わずファンの多いTVアニメ『プリパラ』

現在は続編の『アイドルタイムプリパラ』がクライマックスで、先の読めない展開から目が離せません。

そしてそんな中、前作『プリパラ』からの主人公である神アイドル真中らぁら(まなか らぁら)が大活躍!

彼女のトモダチやトモダチの夢のために自分をなげうつ姿に、

「やっぱりらぁらこそ神アイドル!!」

とあらためて実感した人も多かったことでしょう。

この記事ではそんな今だからこそ、

「神アイドルとは何なのか?」

について、らぁらの活躍から全力で考察していきます!

 

『プリパラ』第3期「神アイドル編」のおさらい

さて、まずは『プリパラ』第3期「神アイドル編」を振り返りましょう

「プリパラ」とは、女の子ならだれでもアイドルになれるテーマパークです。

主人公の真中らぁらは、あるきっかけからプリパラでアイドルデビューを果たし、たくさんのトモダチとライブで通じ合って、かけがえのない時間を過ごしてきました。

らぁらがアイドルとして十分に成長したころ、彼女の通うパラ宿のプリパラで神アイドルグランプリが開催されることに。

神アイドルはすべてのアイドルの頂点であり、アイドルたちの憧れです。

神アイドルになるためにはトーナメントで優勝し、プリパラの女神に認められなくてはなりません。

らぁらたち「そらみスマイル」はこれまでの大事な思い出と成長のすべてを込めたライブで勝ち抜き、ついには女神にも勝利して神アイドルの称号を与えられました。

そしてプリパラの2人の女神ジュリィとジャニスをも救い、誰もが認める神アイドルになったのでした。

1 2 3 4
ページトップへ