「約束のネバーランド」主な登場人物(エマ、ノーマン、レイ)の特徴、強さを紹介!

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在週刊少年ジャンプで連載されている白井カイウさんの漫画『約束のネバーランド』という作品を知っていますか?

かなりダーク世界観の物語なのですが、毎話ドキドキハラハラするような内容の漫画です。

鬼と呼ばれる種族が運営している人間を家畜として飼育する施設に住む子供たちが自由を目指しています。

登場人物たちはものすごい頭が良くて、激しい頭脳戦を繰り広げるのですが、登場人物の特徴はどのようになっているのでしょうか。

主人公である子供たちの能力について紹介していきたいと思います!

 

主人公の女の子エマ

孤児院の年長組の一人で、11歳の女の子です。

髪の色はオレンジで触覚というあだ名をつけられる特徴的な跳ねた髪がありエメラルドグリーンの瞳です。

ちなみにこの触角は髪を切ろうとしてもハサミを避けてしまう。

孤児院で毎日行われるテストではフルスコア(300点満点)を取る頭脳の持ち主となっています。

運動能力も高く、孤児院の皆で行う鬼ごっこでもかなり好成績です。

性格は楽天的ですこし考えが足りないところもあり、仲間達に助けられることもありました。

さらに仲間に対する思いが強く、孤児院から脱出の難易度が上がるにもかかわらず、全員での脱出を目指しています。

孤児院が人間を飼育する施設であることを知ってしまったことなどから、楽天的なところは減っていきました。

脱出の方法を必死に考えるようになり、驚異的な学習能力と言われていて作中で最も成長していくキャラクターではないでしょうか。

優秀な仲間のノーマンとレイに影響されて彼らに追いつくためにも努力していく姿についつい応援してしまいます。

1 2 3 4
ページトップへ