速報『ハイスコアガール』アニメ化!SNKプレイモア訴訟からのまとめ

アニメ テレビ 漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


押切蓮介(おしきり れんすけ)先生が『月刊ビッグガンガン』に連載中の人気漫画『ハイスコアガール』が、ついに2018年7月にTVアニメ化!

このアニメ化は、ずっと応援してきたファンにとっては喜びもひとしおでしょう。

なぜならこの作品は、一度アニメ化の発表がされながらもある理由から中止され、なんと連載休止にまで追い込まれた過去があるからです。

訴訟問題にまで発展した『ハイスコアガール』のこれまでの道のりを振り返り、アニメへの期待度についても検証します!

ゲーム×ラブコメの異色作『ハイスコアガール』

『ハイスコアガール』は、

ゲーム漬けの日々を送る少年・矢口ハルオと、

無口なのにゲームの腕はハルオと並ぶお嬢様・大野晶(おおの あきら)

の物語です。

1991年、小学6年生のハルオは大野に『ストII』で大負けし、そこから2人の勝負の日々が始まります。

初めての対等な遊び相手であるハルオに惹かれていく大野に対し、ゲームのことしか考えられず大野の気持ちに少しも気づかないハルオ。

しかしゲームで対戦すれば、言葉なんてなくても理解し合えるという最高の相手。

このラブコメの定番のような甘ずっぱさ、そして90年代ゲーム描写の「あるある」感が作者と同年代の男性たちに刺さり、じわじわと人気を高めました。

その結果、2013年版『このマンガがすごい!』オトコ編で2位を獲得し、同年12月に一度目のアニメ化の発表がなされたのです。

1 2 3 4
ページトップへ