速報『ハイスコアガール』アニメ化!SNKプレイモア訴訟からのまとめ

アニメ テレビ 漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人気絶頂での『ハイスコアガール』訴訟!

SNKプレイモアによる著作権侵害訴訟

しかし2014年8月、『ハイスコアガール』の版元である出版社スクウェア・エニックス(以下スクエニ)に家宅捜索が入ったとの報道が。

このときに、すでにゲーム会社SNKプレイモア(以下SNK)から著作権侵害で刑事告訴されていたことが明らかになりました。

『ハイスコアガール』は、90年代のアーケードゲームのリアルば描写で当時のプレイヤーの心をつかみ、ヒットした作品です。

しかしゲーム画面やキャラクターなどを元作品のままに描いていながら、すべてのゲーム会社の許可は取っていませんでした。

しかも単行本には「SPECIAL THANKS」として「©(企業名)」の形で作品に引用したゲームの制作会社の名前を挙げ、まるで許諾を得たかのように見せたことも悪質とされました。

ただいくつかのゲーム会社からは実際に許可を取っていたそうです。

つまり会社によって扱いを変えていたので、そのことも無視された側であるSNKの怒りを買ったのではないかといわれています。

結果、スクエニはSNKによって刑事告訴と民事訴訟の両方を起こされることとなりました。

そしてこのとき、「お騒がせしたため」として、スクエニは『ハイスコアガール』の単行本を自主回収し、連載を一時休止します。

スクエニによる反訴で泥沼へ…

しかしここでスクエニは、逆にSNKに対して

「著作権物(ゲームの画面やキャラクター)を無断使用していない」

と主張して民事訴訟をし返します。

1 2 3 4
ページトップへ