アニメ化決定!『ヴィンランド・サガ』の面白すぎるあらすじとキャラを紹介!

アニメ テレビ 漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢はおそらく40代~50代くらいで、小柄ですが眼光は鋭く、かなりの手練れです。

力勝負よりも間合いを上手くとったり相手の心理や場の空気を利用したりする戦い方が得意で、非常に頭が切れることから作戦参謀も務めています。

荒くれ者どもを束ねて戦争や略奪行為をしていますが、本当の目的は全く別のところにある様子。

父の敵を討つまで帰ろうとしない幼いトルフィンを戦力として利用しているのも、彼の能力を認めて育てたいという気持ちがあるのかも……?

トールズ

トルフィンの父で、子供を持った現在は温厚ですが若いころはヨーム戦士団という強力な戦争集団の実力者でした。

トルフィンが幼いころにヨーム戦士団から兵として招集されましたがそれは罠で、待ち構えていたアシェラッドにトルフィンを人質に取られて命を絶たれました。

「本当の戦士には剣などいらぬ」

出典:『ヴィンランド・サガ』第1巻191ページ

という言葉を残し、この「本当の戦士」とは何なのかを究めるのが『ヴィンランド・サガ』のテーマとなっています。

クヌート

デンマークの第2王子。

トルフィンとは同い年ですが、争いなどは好まず趣味は料理で人見知りと、性格や生い立ちはほぼ正反対。

しかしその立場から兄との王権争いに祭り上げられ、そんな自分の運命を嘆いていました。

しかしトルフィンに出会ったことでお互いに影響を与え合い、それぞれの人生が大きく方向転換します。

レイフ

史実にある人物で、はじめて北米大陸に上陸したヨーロッパ人。

トルフィンにヴィンランド(=北米大陸)の話を聞かせた張本人。

トールズと仲が良く大きな恩を感じているため、トールズ亡き後に行方不明になったトルフィンを探して世界中を旅します。

トルケル

通称「のっぽのトルケル」という大男で、ヨーム戦士団の大隊長の1人。

豪快な戦い方で敵を圧倒し、たくさんの戦士たちに好かれている陽気かつ残忍な人物。

戦いが何より好きで、かつての戦友トールズの息子であるトルフィンと戦えることを喜びます。

ちなみに

このツイートの左手前の人です。

大きいですよね。

そして他は左奥からアシェラッド、右奥がトルフィン、右手前がクヌート。

この4人が後半の物語のメインとなります。

アニメ『ヴィンランド・サガ』の期待度は?

原作漫画『ヴィンランド・サガ』は、ヴァイキングたちの戦いや生活をリアルに描き、もちろん絵も物語もテーマも興味深くレベルの高い作品です。

特に迫力あるバトルシーンをアニメで見られるなら、ファンにとってこんなにうれしいことはありません。

しかし原作が素晴らしければ素晴らしいほど、アニメでそれを再現できるのかが心配になるのも事実。

また残酷な描写が多いことも、これまで「アニメ化してほしいけれど無理だろう」と言われてきた理由です。

それに『ヴィンランド・サガ』は、トルフィンが再始動してからが本番ともいえる作品。

そのため、半端なところで終わっては物語の本質が失われる恐れもあります。

しかしアニメ化が発表してからは、期待に胸を躍らせたコメントが多いです。

その理由は、制作会社が『進撃の巨人』を手掛けたWIT STUDIOであることでしょう。

『進撃の巨人』のクオリティで『ヴィンランド・サガ』がアニメ化されるなら、出来が悪いわけがありません!

またすでに何期かにわたっての製作が見込まれていそうですし、ファンとしてはアニメ化を大々的に広めて、人気を爆発させたいものです!

『ヴィンランド・サガ』についてのまとめ

リアルな描写と引き込まれる展開、そして深いテーマで大人気となったヴァイキング漫画『ヴィンランド・サガ』が、アニメ化されます。

まだ放送時期などは発表されていませんが、早ければ2018年中になるのではないでしょうか。

1 2 3 4
ページトップへ