2019年のゴールデンウィーク(GW)がマジで10連休ォォの理由!?

イベント 仕事・ビジネス 時事 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


4月27日から5月1日までで5連休となるのは、納得がいきますよね。

ではなぜ5月2日が休みになるのかというと、2019年5月1日に皇太子さまが天皇に即位されると、5月1日は祝日になります。

となると、4月30日と5月2日は国民の祝日で挟まれ、法律に従うと、この2日間も休みになるのです。

 

View this post on Instagram

 

worldbyhollyさん(@madam_minty)がシェアした投稿

日本には、祝日に挟まれた平日は、国民の休日にするという素晴らしい法律があったのですね。

というわけで、法律に従って考えると、

2019年のゴールデンウィークは10連休に!

どんなにゴールデンウィークが長い企業でも10連休というには、あまりないのではないでしょうか?

2019年のゴールデンウィークは夏休みや冬休み以上に、のんびりと過ごすことができそうですね。

2019年のゴールデンウィーク日程は夏に決定される!?

バイトの人は月給が下がってしまうかもしれませんが、10連休と聞いて、正社員や派遣社員として働いている人は、嬉しかったに違いありません。

夏休みや冬休み以上にのんびりと過ごせそうな2019年のゴールデンウィーク。

今からどこに行こうかと妄想ばかりが広がってしまいます。

2019年に入ってからゴールデンウィークの日程が決定されるより、2018年のうちに決定された方が企業としても国民としても予定を立てやすいですもんね。

それに、10連休となれば国内旅行に出かける人も増え、かなりの経済効果が見込めるのではないでしょうか。

新元号の発表は1ヶ月前!?

平成の時代が終わるとなると、新たな元号が気になります。

一体、私たち一般庶民はいつ新元号を耳にすることができるのでしょうか。

 

View this post on Instagram

 

べにさん(@yuukohokenshitu)がシェアした投稿

調べてみると、皇太子さまが天皇陛下に即位する1ヶ月前頃に、新元号の発表がされるのではないかと言われているようです。

この1ヶ月前というのは、天皇即位の祝賀ムード延長、情報システムの監修に混乱を生じさせずに進めるためなのだとか。

次は一体どんな元号になるのか、今から気になってしまいます。

かつての年号の変わり目は大変な混乱が生じた

2019年に、初めて年号が変わることを経験する若い世代の読者の方々も多いのではないでしょうか。

そこで、かつて年号が変わった時のゴールデンウィークや世の中の様子などをまとめていきたいと思います。

 

View this post on Instagram

 

@d5_patがシェアした投稿


【大正から昭和】

1926年12月25日、大正天皇が崩御されました。

それに伴い、年号は大正から昭和へ。

当時は、大変な衝撃が走ったと言われています。

大手百貨店の高島屋が臨時休業したり、新しい年号に関する情報が錯乱したりなど、かなりの衝撃が走ったようですよ。

【昭和から平成】

1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、年号が昭和から平成に変わりました。

突然の出来事だった為、臨時で休業できる会社や休校にできる学校だけが、休日に。

テレビではCMの放送が自粛されたり、天皇の追悼番組が放送されていたようです。

2019年のゴールデンウィークが恐怖…?

10連休!と世間では喜ばしい声があがっているところですが、なかには

2019年のゴールデンウィークが恐怖…

と恐れている人たちもいるのだとか。

ビジネスコンセプト - 肖像画ハンサムでストレスフルビジネスの男は、ノートパソコンで仕事を見てショックショックで。白色の背景。 無料写真

学校や役所などの公務員、会社員は10連休で休みですが、居酒屋やバーの飲食店、美容室などのサービス業はどうでしょうか?

百貨店などの商業施設やホテルなどの観光業が休みなると、困りますよね。

この儲け時に休んでいられない職業の人たちは、恐怖のゴールデンウィークになると予想しているようです。

特に飲食店なんかにはゴールデンウィークなんて関係のない話し

2019年のゴールデンウィークが10連休になれば、それはそれで苦労する人が出てくることは覚えておきたいですね。

2019年ゴールデンウィーク、共働き家庭からは悲鳴!?

1 2 3
ページトップへ