明石家さんまの弟の死…。不可解な謎が多すぎた事件の真相は?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑いBIG3の一人に数えられる、日本トップクラスの大御所お笑い芸人明石家さんまさん。

テレビ番組での明るいトークとテンポの良い展開の作り方でものすごい人気のお笑い芸人ですね。

しかし、その底抜けに明るいトークの裏には明石家さんまさんの壮絶な過去があったのです。

実は明石家さんまさんには弟がいたのですが、その弟が若くして亡くなってしまっています。

その明石家さんまさんの過去と弟についてまとめていきたいと思います。

明石家さんまの過去

今でこそ、その明るさで御茶の間を沸かせている明石家さんまさんですが、その過去は壮絶なものだったのです。

明石家さんまさんの母親は、明石家さんまさんが3歳の頃に病気で亡くなってしまったということがありました。

3歳の頃ということで、母親の記憶はほとんどないとのこと…

そして明石家さんまさんが小学生の頃に、父親が再婚して義理の母親ができました。

義理の母親には連れ子がいて、明石家さんまさんに弟ができることになります。

明石家さんまさんはこの弟の事をチビと呼んでいてとても可愛がっていたようです。

弟ができたことに関して、明石家さんまさんは大変喜んでいたとのこと。

幼くして母親を失ったというのは悲しい過去ですね。

しかも3歳の頃という事で母親の記憶がほとんどないというのも悲しい事だと思いすが、義理の弟ができて明石家さんまさんもとても喜んでいたことから、弟はかけがえのない存在だったのかもしれません。

1 2 3 4
ページトップへ