明石家さんまの超絶豪華な自宅事情!5億円かけた大豪邸がこちら

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


明石家さんまさんの自宅がこだわりすぎてて超豪華だと話題になっています。

お笑BIG3に数えられていて、年収も10億円近いと言われている明石家さんまさんですから、その自宅もかなりお金がかかっていそうですね。

うわさによると自宅に5億円くらいかけているとも言われています。

過去には大竹しのぶさんと結婚して大豪邸を建てていましたが、今は別の家に住んでいる様子。

そんな明石家さんまさんの自宅事情について調べていきたいと思います!

明石家さんまの自宅がすごい

お笑い芸人の中でもトップクラスの収入を持っている明石家さんまさんですが、色々とお金をかけていることで有名ですね。

レトロな外車を乗り回していたり、後輩にかなりの食事をおごっていたりと稼いだお金をガンガン使っているようです。

さらに、個人事務所に所属していて節税対策もしているとのことでかなり自由にできるお金があるとのこと。

そんな明石家さんまさんは自宅にもかなりのお金をかけているとのことです。

ビルを1棟丸々買ってフルリノベーションをして自宅にしていると話しています。

うわさによると、その自宅には5億円ものお金をかけているとのこと。

明石家さんまの年収を超暴露!10憶超え説を検証してみた結果

明石家さんまの自宅の場所

なんと、明石家さんまさんの自宅の場所が判明しているのです!

芸能人の自宅なのに、自宅の場所がばれてしまうのはいかがなものかと思うのですが…

その明石家さんまさんの住所は

東京都千代田区平河町

にあるとのことなんです。

ここは超一等地で、日本でもトップクラスに家賃の高い地域と言われています。

そして、なぜ明石家さんまさんの自宅か判明したのかというと建物の前に明石家さんまさんが大好きな『ワイリー・コヨーテ』の像が立っているのです。

『ワイリー・コヨーテ』はアメリカのワーナー・ブラザースが制作するアニメに登場するキャラクターのこと。

明石家さんまさんはこのキャラクターが大好きで、愛車にも『ワイリー・コヨーテ』のステッカーを張り付けるほどです。

このキャラクターは何度やられても立ちあがってくるというキャラクターなのですが、その部分に惚れ込んでいるとのこと。

自宅の前にもこの『ワイリー・コヨーテ』の像が立っているので、簡単にばれてしまったというわけですね。

明石家さんまと元妻・大竹しのぶの離婚原因は性格の相性が最悪

明石家さんまのこだわりの自宅

ビルを丸々買い取ってフルリノベーションしたという自宅なのですが、その内装にすごいこだわりがあるようです。

ビルの2階と3階の部分を自宅にしていて生活空間にしているそうなのですが、そのどちらも20畳の1LDKにしているとのこと。

かなり広い部屋にしているようですね。

明石家さんまさんにしてみれば、寝る部屋とテレビを見る部屋があれば十分なようなので、このような間取りにしたのでしょうか。

ちなみに明石家さんまさんが広い1LDKにした理由というのが、

「夢やったんでね、結婚したら住めない」

このように話していて、独身生活を満喫しているようなのです。

内装に関しても、すごいこだわりがあって、

  • 3階部分は1970年代のアメリカロサンゼルスのアイスクリーム屋さんをイメージした内装
  • 4階部分はビリージョエルのニューヨーク52番街のポスターをイメージした内装

このようになっているそうです。

内装に使うレンガについては、日本ではイメージ通りのレンガが手に入らなかったようで、わざわざアメリカから取り寄せたとのこと。

レンガまでこだわっているとなると、他の部分でもかなりのこだわりがあるのではないでしょうか。

お金持ちの一人暮らしともなれば、自宅にもこだわりを出したいのはわかりますが、明石家さんまさんはかなり力を入れているようですね。

どこまでこだわっているのか内装を見てみたいものです!

明石家さんまの神対応が凄い?本当の性格は悪い噂の真相とは

明石家さんまの過去の自宅

大竹しのぶさんと結婚した時に購入したという豪邸ですが、そちらの家についても触れていきたいと思います。

結婚当時に購入した自宅なのですが、この自宅がなんと8億5000万円で購入したというのです。

その後、二人は離婚することになってしまい、この豪邸を売却することになりました。

しかし、売却した時には大幅に値段が下がってしまって、3億5000万円での売却となったそうです。

その差額5億円はそのまま明石家さんまさんの借金となってしまい、大変なことになってしまいます。

そのときに明石家さんまさんは、

「5億借金すると諦められるねん」

「金額が大きすぎて、もう死ぬかしゃべるか。」

と話していました。

5億円もの借金を背負ってしまえば、もう働き続けるしかないですもんね。

この頃はかなり参っていたようで、

「よく声でない夢で目が覚めた」

かなりのお金を稼いでいる明石家さんまさんでもこの5億円という金額にはかなり堪えたようです。

しかし金額が大きすぎて、逆に開き直る事ができたとのこと。

今では無事に借金も返し終わっているようで、今の自宅にお金をかける事ができたというわけですね。

ちなみに、そのときに建てた家は

東京都世田谷区に100坪の大豪邸

となっていたようです。

しかし、このときに明石家さんまさんは完成した自宅を見てもあまり感動することはなかったようで、

「ちっちゃ」

と思ったそうです。

これまで、住んでいた奈良県や和歌山県の土地の安い所に住んでいたそうで、100坪でもあまり大きく感じなかったようです。

明石家サンタ2017の景品プレゼントや時間を予想!今年も豪華?

明石家さんまが5億円もの借金を背負った理由

いっときは死を覚悟するまで追い詰められた明石家さんまさんですが、なぜここまで家の価値が下がってしまったのでしょうか。

一度住むと建物は中古となってしまって価値が下がるのはわかるのですが、5億円も値段が下がってしまったというのは驚きです。

明石家さんまさんが自宅を購入したのは大竹しのぶさんと結婚した1988年頃だと思われます。

この頃はちょうどバブルの真っただ中で、土地の値段もものすごい高騰していた時期です。

そして、二人が離婚したのは1992年というバブルが崩壊した直後でした。

その大豪邸が売れたのが離婚から3年経ってからという事でしたので、一番値段が下がってしまった時期なのではないでしょうか。

バブル崩壊が1990年だったので、かなりタイミングが悪いことになってしまいましたね。

離婚して豪邸を売却する事になったころには土地の価格も大暴落した後であったため、此処まで値段が下がってしまったのです。

バブルの崩壊というのは恐ろしいものですね…

明石家さんまさんはテレビ番組『行列のできる法律相談所』で弁護士軍団にこのバブルの崩壊について国を訴えることはできないのか相談しました。

しかし、過去に代理裁判で国家賠償ということで裁判するも裁判で勝ったことはないと聞いて呆然。

IMALUの性格を考察!消えた原因は明石家さんまと大竹しのぶ?

明石家さんまの大豪邸まとめ

過去に8億5000万円の大豪邸を建てるも離婚と共に手放すことになってしまいました。

さらに、バブルの崩壊が重なって5億円もの借金を背負ってしまうという不幸が…

なんとかその借金も返し終わって、今では東京の一等地に立派な自宅を構えるまで回復しています。

現在は独身の生活を満喫しているようで、こだわりまくった内装の部屋で満喫しているようです。

自宅の前には大好きな『ワイリー・コヨーテ』の像を建てるくらいですからかなり自由に設計していると思われます。

それにしてもバブルの崩壊で5億円もの借金を背負ってしまう事になるとはなんとも運が悪いですね…

なにはともあれ、無事借金を返すことができて良かったと思います。

これからは、幸せにマイペースで頑張って行ってほしいですね!

明石家さんまの弟の死…。不可解な謎が多すぎた事件の真相は?

ページトップへ