グローバル人材とは?海外転勤に必要なスキルと給料・手当

未分類 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もちろん国によりますが、海外ではそういった話題についてはっきりと自分の意見を口にする人もいます。

また宗教色の強い国の場合、宗教行事に基づいた休憩があったり、祝日があったり。

そういった、その土地ながらの風習や慣習に理解を示す柔軟さが、海外でスムーズに仕事を回すために必要になってきます。

【自分の意思を伝える力】

日本で生活していると、個人的な意見よりも全体の意見の方が尊重されることが多いですよね。

しかし海外では、仕事でもプライベートでも個人的な意見を聞かれることがほとんど。

前述の宗教観や政治観について、「あなたはどういう考えなの?」と聞かれることが多々あります。

@hubhoian)さんの投稿

日本で生活していると自らは話すことのない話題ですが、聞かれた時に答えられるよう、普段から考える癖をつけておくと戸惑わずに答えられるかもしれませんね。

もちろん上記以外にも必要なスキルは多々ありますが、海外で働いていたことのある筆者が特に大切だと思うスキルについてまとめてみました。

海外転勤の気になる給料・手当

海外転勤の際に第一に気になるのが、給料や手当。

日本よりも物価の安い国なのか、高い国なのかなど現地の物価によっても生活レベルは変わってきます。

海外転勤で給料は増える?減る?

一般的に海外転勤すると、生活レベルが上がるといわれています。

日本で仕事をしていると必ず納めなくてはならない所得税や住民税を納める義務がなくなるのです。

日本に住居がなく、仕事もしていないのだから当然といえば当然ですよね。

@yu_mi_ka0920)さんの投稿

日本で納税しない代わりに、海外転勤先での納税義務が発生しますが、雇い主である会社が負担してくれることがほとんど。

1 2 3 4
ページトップへ