グローバル人材とは?海外転勤に必要なスキルと給料・手当

未分類 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


つまり、海外転勤するだけで、節税ができてしまうというわけなんです。

最近では転勤先の国の生活水準に合わせて給料を支給する会社が多くなっています。

しかし、現地の物価が安いため生活費がかからなかったり、日本への納税義務がないため節税できたりなど、生活レベルは上がることがほとんどのよう。

海外転勤ならでは!手厚い福利厚生や手当

海外転勤すると生活レベルが上がるだけでなく、手厚い福利厚生や手当が付きます。

もちろんそれらは給料とは別で発生するので海外転勤はありがたいという声もちらほら。

【住宅手当】

海外駐在員は高級マンションに住んでいるイメージがありますよね。

実は、企業側が社員に危ないことがあってはいけないという理由でセキュリティが万全な高級住宅を用意しているんです。

@okanaganluxuryhomes)さんの投稿

日本より物価の安い国だと、マンション内にプールやジムがあることがほとんど。

プールやジムのない高級マンションを見つける方が困難かもしれません!

【メイド費用】

東南アジアなどの物価の安い国だとメイドを雇う費用が支給されます。

ちなみにメイドとは、子育てから家事全般をこなしてくれる現地の人のこと。

一般的にフィリピン、インド、ベトナム、ブラジル、インドネシアなどではメイド費用が支給されます。

【車と運転手】

車がないと生活できないような国では車と運転手が必ず付きます。

@bmw_unofficial_)さんの投稿

特に危険な国では駐在員、駐在員妻それぞれに車と運転手が付くなんてことも。

【子供の養育費】

一般的には3歳以降の養育費を企業側が全額負担してくれるようです。

【語学学校の費用】

駐在員本人と家族の語学学校費を企業側が全額負担してくれます。

@english_o_ponomarenko)さんの投稿

中には○ヶ月間は企業負担、それ以降は自費負担という企業もあるようです。

【医療費】

風邪から手術が必要な大病まで企業側が全額負担してくれることがほとんどのようです。

【ハードシップ手当】

転勤先の国の危険度により支給される手当。

イスラム圏に駐在する際に支給されることが多いようです。

手当が出ると嬉しいですが、高額であればある程、危険な土地という認識になりそうですね。

海外転勤で人気の国4選

転勤先の国によって生活がまるっきり変わるといっても過言ではない海外転勤。

そこで、筆者の周りの海外転勤経験者にどこの国が一番生活しやすかったかアンケートを取ってみました。

①タイ

日本より物価が安く一年中温暖な気候が続くタイは、人々が温かく過ごしやすいのだとか。

@3alya_…”さんの投稿

日系企業の進出も進んでいるため、日本食料理が多くあるのも魅力の一つだそうです。

1 2 3 4
ページトップへ