初心者さん必見♡自分に合う香水の種類を徹底解説!

未分類 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


特別な日にサッと振りかけるだけで、まるで魔法にかけられたように気分が高揚する香水。

皆さんはその種類のことを何も知らずに、ただ店頭でパッケージ等を見て購入してはいませんか?香水には知っていると100倍得する香りのルールがあったのです。

香水の魅力と種類

女性が初めて香水をつける時期は、人にもよりますが、早い人で中学生くらいから本格的に興味を持ち始めると思います。

サッと体に振りかけた瞬間のあの高揚感は、香水を使い始めてから約10数年経った今も、何一つ変わっていないのです。

@roger_gallet_jp)さんの投稿

そんな香水について、普段私は市販で売られている瓶を手に取り「これがいい」とか「これいい香りだな」と判断することはあっても、本当は何を基準に選べばいいのか…実はちゃんとした知識を持っていなかったのです。

【厳選】タイのおすすめコスメブランド5選!美容大国発祥コスメの実力とは?に関する記事はコチラ

香水の基本3種類

そもそも香水とは日本語だと一語しかないのですが、フランスではパルファム・オードトワレ・オーデコロンと3種類に使い分けられています。

これらの言い方のおおまかな違いは「持続時間」と「濃度」です。

香水の香りがどれくらい持続するのか、香水の濃度は何%かによって呼ばれる種類が変わってきます。

@mensbiz)さんの投稿

香水の中でどれが1番濃度が高くて香りの持続時間が長いのかというと、

パルファン>オーデパルファン>オーデトワレ>オーデコロン

という順番になります。

パルファンは15~30%の濃度で5~12時間の持続時間が基本とされ、オーデパルファンは10~15%の濃度×5~12時間の持続時間、オーデトワレは5~10%の濃度×2~5時間の持続時間、オーデコロンに至っては1~5%の濃度×1~2時間の持続時間と分けられています。

1 2 3
ページトップへ