新入社員の挨拶や自己紹介の例!名前や出身地以外に話す内容とは

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活

挨拶にかける時間としては、

3分以内に終わらせる

ことがベストですね。

 

新入社員の挨拶!姿勢・目線・表情は?

姿勢・目線・表情は、これから会社の中で仕事をしていくうえでも、非常に重要になってきます。

ここでポイントを押さえておけば、今後にも役立てることができますね。

挨拶においての姿勢や目線、表情は、しっかりと覚えておきましょう。

新入社員の挨拶の姿勢

緊張からか、挨拶をする時に猫背や前かがみの姿勢のまま、挨拶する人も多く見受けられます。

これはダメです。

猫背や前かがみで話すと、声がはっきり出ませんし、見た目も暗い印象になります。

 

では、どういった姿勢で挨拶をするのが良いのか?

それは、すべての挨拶のシーンで、

背筋を伸ばして、目線をあげて話す

ように心がけましょう。

これは会社内に限らず、取引先の人との名刺交換や挨拶のときも同様です。

ちなみに、両手は前で重ね、利き手を下にするといいですよ。

両手をブラブラさせていると、だらしない見た目になってしまいます。

新入社員の挨拶の目線

続いては、挨拶のときの目線についてです。

先ほどの姿勢のところで少し触れましたが、

目線は落とさずに、正面を見て話しましょう。

目線を落とすと、姿勢も悪くなります。

ただ、挨拶の際には、目の前にたくさんの人がいて、目線が定まらない時もあります。

そんな時は、前の人から順番に、一人一人の顔を見ながら話してもいいですね。

そうすることによって、目線が定まらないことを防げるとともに、目が泳がなくなります。

新入社員の挨拶の表情

挨拶の時の表情です。

これは当然ながら、

笑顔

が大切です。

コンビニや外食チェーンの店員のようなイメージですね。

挨拶の時も同じです。

1 2 3
ページトップへ