育児漫画家「キュン妻」が大炎上!脅迫・自演・エア家族…

文化人・著名人 漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もともとアニメや漫画のようなスペックの夫婦の恋愛エピソードで、

人生経験の浅い10代の少女を中心にファンを獲得していたキュン妻。

しかし脅迫DMの件で本来のファン層以外の人たちからも注目されたため、

まともな大人なら首をひねるような漫画の内容を検証する人が増えました。

その結果、多くの作品でトレースと思われる絵が見つかり、

漫画やブログの育児エピソードも他サイトなどからの転用・盗用ではないかと疑われるようになったのです。

この転用疑惑は現在に至るまで尽きることなく、最近では

こちらのエピソードも、「出産 早い」の検索結果にある体験談と似ていることが指摘されています。

また、

こちらで描かれた幼稚園の制服も、「幼稚園 制服 ブレザー」で画像検索した際によく似た画像が出てきます。

実際の育児経験者からすると、不思議に思う点があまりにも多いキュン妻の作品。

そのためキュン妻にはまた別の疑惑が浮上してしまいます…。

キュン妻の問題行動まとめ③エア家族疑惑

ここまで読んですでに気づいた方もいるかもしれませんが、

キュン妻に関しては作品の粗がどうこう言うより、そもそもどれも実録ではないのでは?という疑惑が最も強いです。

元々、キュン妻のスペックが

  • 親に虐待され中学ではいじめられたがどM
  • 髪の色がピンクゴールド(最近ではピンクでないとの発言も)
  • 異常な色白でFカップの160cm47kg
  • 専門学校を卒業し、医療関係の国家資格持ち
  • 接客のバイトでも派遣事務でも異例の出世を経験
  • ストイックな努力家で家事も家計管理も完璧

というほぼ現実ではありえないか、見かけたら確実に特定できるもの。

それに以前アップしたキュン妻のコスプレ画像

こちらを見るに、どう考えてもそんなにスレンダーではありませんよね…。

さらに夫のけながは

  • ヤンデレどSで要潤似の190cm
  • 年中毎日ユニクロの黒のタートルネックを着用
  • ゲーム会社勤務で人の3倍仕事ができる有能プログラマー
  • 副業でライターもしていて、ちょっとした文字でも詳しく調べる習慣あり

のはずが、Twitterやブログなどで日本語の間違いが異常に多く社会人かどうかも疑わしいほどの無知

中でも有名なのは、けながのエッセイにおける

『光悦を浮かべる君の顔』

という表現です。

光悦(こうえつ)とは、日本では主に江戸時代の書家・芸術家の本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)のことで、辞書などにはそれ以外の記載はありません。

おそらく「恍惚(こうこつ)の表情」と書きたかったのでしょうが、そのことをSNSで読者からツッコまれたけながは、

と意味不明な説明をしたうえで、途中で自分の間違いに気づいてコメントを中止しました。

これらから判断すると、少なくとも有能なプログラマー兼ライターのけながいたちという人物はいないように思えてしまいます。

間違った育児情報?キュン妻にはそもそも夫も子供もいない?

また、キュン妻は立て続けに間違った育児情報を育児情報サイトに掲載してしまいました。

竹書房の育児漫画サイト「すくパラ」において、公園遊びにポンチョを着ることをすすめる記事を描いたキュン妻。

しかし消費者庁からは、子供のポンチョが滑り台に引っかかったことによる死亡事故を例に、危険とされていました。

「すくパラ」は生地の改変・謝罪などの対応を行いましたが、これ以降もキュン妻の記事には間違った情報が含まれるものがありました。

しかも謝罪が中途半端だったことから、さらに多くの人々の反感や不信感を買ってしまうことに…。

このこと自体も問題ですが、はたして2人の子供を育てている母親が、

こんなに間違った情報を広めるようなことをするでしょうか

この記事以外でもキュン妻の育児エピソードにはリアリティがなく、盗用と疑われるものも多いです。

そのため、本当は息子などいないのではないかという読者の追及に対し、キュン妻が証拠として家族写真をTwitterにアップしました。

キュン妻は身バレしないための加工だといいますが、ここまで黒塗りされていては、人かどうかも怪しいですよね。

実際これまでも長男の写真として人形にしか見えないものをアップしたり、

幼児のはずの次男の手の写真がどう見ても大人の手だったりという前例があります。

キュン妻が決して子持ちでないことを認めないわけ

ここまで紹介してきたエピソードからしても本当に子持ちなのかが疑わしいですよね。

読者からその点を指摘されても絶対に認めようとしないキュン妻。

その理由は色々と考察されていますが、おそらく「実録」の「育児漫画」ジャンルてブログをアップし続けないと、ブログ収入が激減するからではないでしょうか。

1 2 3 4
ページトップへ