【2018年最新】バリ島の火山噴火情報まとめ!観光は全く問題ない!?

天体観測 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本から直行便で約7時間で訪れることができるバリ島。

バリ島には、綺麗なビーチや数々の世界遺産目当てに世界中から観光客が押し寄せます。

そんな世界的にも人気の観光地バリ島ですが、2017年の9月頃から火山噴火の危険性が懸念され、観光客数が一気に減少してしまいました。

この記事ではバリ島アグン山の火山噴火情報をお届けします。

バリ島アグン山の火山噴火情報

2017年の9月20日頃、バリ島東部のアグン山の火山性微動の回数が増えたため、インドネシア政府は火山危険度をもっとも高いレベル4に指定するなどの緊急対応を必要とされていました。

@w84gr8_lv)さんの投稿

果たして噴火の心配をされていたアグン山の最新情報はどうでしょうか?

バリ島アグン山の火山噴火情報【2017年】

9月頃からアグン山の火山性微動の回数が増えたため、インドネシア政府は火山危険度をもっとも高いレベル4に指定。

その後、火山活動が引き起こす地震の回数が減ったため、10月29日にインドネシア火山地質災害対策局(PVMBG)によって火山危険度はレベル3に引き下げられました。

しかし、11月21日にアグン山は約半世紀ぶりに噴火

その後も噴火を繰り返し、11月27日、危険噴火度がレベル4に引き上げられ、周辺住民約5万人が避難生活を強いられることに。

アグン山の噴火による火山灰の影響でバリ島にあるデンパサール空港が閉鎖されるなど大きな混乱を伴いましたが、現在は営業を再開しています。

バリ島アグン山の火山噴火情報【2018年】

アグン山周辺の避難地域は火口地域から半径8〜10km以内でしたが、2018年1月に入り、半径6km以内に変更されました。

その後2月10日にインドネシア火山地質災害対策局(PVMBG)は、アグン山の火山危険レベルを3に変更

1 2 3 4
ページトップへ