アニメ『ゴールデンカムイ』の作画崩壊がひどい!感想・評判と裏事情

テレビ 漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年4月から放送されているアニメ『ゴールデンカムイ』。

人気漫画のアニメ化とあって、とても期待は高かったのですが、放送開始してからは、やや否定的な感想がネット上で多くなっています。

特にそれは作画に関して集中しているようで……。

果たしてこのアニメ化は成功?それとも失敗?

アニメ『ゴールデンカムイ』についての感想をまとめ、その理由などを考察しました!

TVアニメ『ゴールデンカムイ』放送まで

『ゴールデンカムイ』は、野田サトル先生の人気漫画を原作に、2018年4月から放送されているTVアニメです。

原作が大人気であることや、アニメの監督を務める難波日登志(なんば ひとし)氏が、

チャレンジ精神でスタッフ一同と共に放送規制に挑みます! 

出典:TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト

とやる気に満ちたコメントを発表したため、原作ファンの間では期待が高まっていました。

またアニメ放送前にいくつかのイベントにも参加したり、Twitterで個性的な企画をやったりもしていたので、多くの人がアニメ『ゴールデンカムイ』に注目していたことでしょう。

次々と発表される声優陣もはまり役と思えるメンツで、原作の面白さを見事に再現した名作になるであろうと思われていました。

アニメ『ゴールデンカムイ』第1話終了後の感想

第1話放送後の感想は、Twitterなどではおおむね絶賛といった様子でした。

何より北海道の雪原をはじめとした背景がとても美しかったし、さすがに第1話とあって、キャラクターの作画も安定していたのでそのためでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ