ついに漫画村閉鎖!政府も介入したここまでの道のりと謎のまとめ

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


長い間海賊版漫画サイトでありながら、インターネット上にのさばってきた「漫画村」がついに閉鎖されました。

同じ海賊版漫画サイトである「フリーブックス」が閉鎖されてからも、1人勝ち状態で運営されてきた「漫画村」。

今回やっと閉鎖されましたが、ここまでには長い道のりがありました。

政府まで介入しなければ閉鎖できなかった理由とは?

現在の出版界の体質・問題点も含め、「漫画村」などの海賊版サイトについてまとめました。

「漫画村」は違法なの?危険性は?

「漫画村」は、違法コピーされた書籍(主に漫画)をネット上にアップして誰にでも見られるようにしたサイトです。

違法コピーとは、作者や出版社の許可を得ずに行ったコピーのことで、紙への印刷でも画像ファイルでも、許可を取っていなければ違法コピーにあたります。

ネットでは違法なのか、利用している人に危険性はないのか問われています。

「漫画村」の問題点①違法コピーを掲載

 

「漫画村」は2016年に開設されてから、違法コピーされた本のデータを掲載し、主に広告収入で稼いできました。

「漫画村」のサイト内に貼ってあるインターネット広告をクリックすると、そのクリック数に応じて「漫画村」の運営者に広告料が入る仕組みです。

契約によっては、広告が掲載されたページを見た人がいるだけで、広告料が支払われる場合もあります。

つまり「漫画村」は、人の作ったものを勝手に載せて人を呼び、お金を稼いでいたわけですね。

人から盗んだものを売ってお金を稼ぐのと同じやり方です。

しかしこれが違法かというと、それは判断の難しいところ。

1 2 3 4
ページトップへ