速水もこみちの弟が暴行事件で逮捕!現在の職業や本名まで流出

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この事件で表久禎さんは2017年の8月31日午後に逮捕となりました。

事件の内容は東京都大田区でのこと。

表久禎さんが自動車で走行中に前を走るタクシーが気に入らなかったようで、タクシー運転手を路上に引きずり出したそうです。

運転が気に入らなかったとしてタクシー運転手に難癖をつけたそうです。

そして、タクシー運転手の男性を押し倒し両ヒザで頭部やろっ骨を圧迫したとのこと。

タクシー運転手の男性はろっ骨を骨折してしまい全治二か月の重傷とのことでした。

全治二か月のけがというのはかなりの重傷ですよね。

表久禎さんは全体重をかけてろっ骨を圧迫したとのことで、タクシー運転手の男性はろっ骨を真ん中から折れてしまったそうです。

マウントポジションのように圧し掛かったようで、表久禎さんは目が血走っていてかなり興奮状態だったとのこと。

ろっ骨が真ん中から折れてしまったというのは一歩間違えればもっと大変なことになっていてもおかしくはなかったと思います。

表久禎さんは取り調べに対して

「タクシー運転手の危険な運転に腹が立った」

と供述しているようです。

反対にタクシー運転手の男性は

「表久禎さんの車が煽ってきた」

と証言していて、証言に違いが出てしまっている状況のようです。

タクシー運転手の男性が危険運転をしていたとしても、ろっ骨を折るほどの暴行を加えたというのはやりすぎなのではないでしょうか。

速水もこみちさんの弟表久禎さんはかなり危険な性格をしている人物なのではないでしょうか。

見ず知らずの他人にここまで非情な行為ができるというのは、どこか性格に難があるのではないかと思います。

速水もこみちは昔ヤンキーだった

弟の表久禎さんがかなり危険な性格だった速水もこみちさんですが、本人はどのような性格なのでしょうか。

今は料理が上手でスタイルもよく爽やかなイケメンという速水もこみちさんですが、昔はヤンキーだったというのです。

それも地元では恐れられる程のヤンキーだったということで、今からは想像もつかないですよね。

当時はギャル男風のファッションでガングロデでだらしなく伸びた茶髪をヘアバンドでまとめているというような恰好をしていたそうです。

当時を知る速水もこみちさんの同級生は今の速水もこみちさんをみて

「キャラ作りすぎ」

とかなり驚いているとのことです。

10代のころの速水もこみちさんは気性が荒いタイプで、かなり喧嘩っぱやかったとのこと。

あの身長の高さで体格も良かったのでかなり恐れられていたようですね。

芸能人になった後も、そこまで売れていない頃は取材してきた記者とモメてしまったこともあったそうです。

その後、仲間数人と車で記者を追いかけまわすなどのトラブルを起こしていたとのこと。

速水もこみちさんが出演した『ヤンキー母校に帰る』での演技がすごいと評判だったのですが、もしかすると地の性格が出ていたのかもしれませんね。

兄弟そろってかなり気性の荒い性格だったということに…

速水もこみちさんのヤンキー時代の画像は見つからなかったのですが、学生時代の画像がありました。

速水もこみちさんの弟が事件を起こしたことについてですが、速水もこみちさんはとくにコメントをしていないようです。

事件に対して速水もこみちさんの所属する事務所は業界でもかなり力を持っている事務所となっています。

表久禎さんが逮捕されたことについて、速水もこみちさんに影響が出ないように、奔走していたようです。

1 2 3 4
ページトップへ