台湾のコンセント・電圧事情!変換プラグは必要?

家電 未分類 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


東京から約4時間のフライトで到着する台湾。

千と千尋のモデルの地となったと言われている九份や、B級グルメ、夜市など幅広い魅力がぎゅっと詰まった旅行先として人気がありますよね。

日本の旅行会社から格安パッケージツアーが販売されるなど、人気の衰えない台湾旅行。

海外旅行に行くとなると不安に思うのがコンセント事情。

国によって様々なコンセントの形があり、日本のコンセントでは携帯やカメラ、パソコンなどの充電ができないことも多いのです。

そこで本記事では、台湾のコンセント事情についてご紹介していきます。

台湾のコンセントと電圧

気になる台湾のコンセントと電圧事情。一歩間違えると火事ややけどなど、トラブルになりかねなく、知っておくべき要素として非常に重要です。

果たして日本とは異なるのでしょうか?

台湾のコンセント

台湾のコンセントは日本と同じ2穴式。

ということは、日本の電化製品を台湾でそのまま使用することができます。

@f628.528mさんの投稿

しかし一つ注意していただきたいのが、台湾の全てのコンセントが2穴式なのではないということ。

基本的にはどこも2穴式ですが、中には3穴式のコンセントもあります。

「じゃあ日本の電化製品が使えないの?」と思いがちですが、そんなこともないのです!

台湾の3穴式コンセントは平形を挿入する穴が2つと、上の丸い穴はアース線。

@nsmul)さんの投稿

こうういった形状のため、平形の穴の中に、日本のコンセントを挿入すれば無事に日本の電化製品を使うことができます。

また、3穴式は本当にまれでそのほとんどは古い建物。

そのため観光客が宿泊するようなホテルは、ほぼほぼ2穴式で間違いないと見ても良いのではないでしょうか。

台湾の電圧

次に台湾の電圧を見ていきましょう。

1 2 3 4
ページトップへ