フィリピンで夜遊び!KTVとビキニバーの料金と過ごし方

イベント 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


皆さんはフィリピンと聞くとどんなことを思い浮かべますか?近年はセブ島がバカンスや格安英語留学に人気ですよね。

一方フィリピンの首都があるのは、マニラ。

セブ島は綺麗な海があるリゾート地のイメージが強いですが、マニラは経済や政治の中心地となっています。

そんなフィリピンに訪れたら、夜も思いっきり楽しみたいですよね!実はフィリピンにも日本でいうキャバクラのようなシステムのお店があるんです。

そこで本記事では、フィリピンの夜遊びについてご紹介します。

フィリピンで夜遊びと言えばKTV!

街の雰囲気や人々の雰囲気まで全く異なるセブ島とマニラですが、フィリピン全土でKTVと書かれた看板をよく目にします。

KTVとは、日本でいうキャバクラのようなシステムのお店のこと。

つまりは、男性客一人につき女の子が一人つき、会話を楽しむお店。

その多くは、日本のキャバクラと同じく、お触りもお持ち帰り禁止です。

@jbacrdieyfag)さんの投稿

調子に乗って悪質なことをすると、最悪警察沙汰になるなんてこともあるんだとか。

節度を保ってKTVを楽しみたいものですね!

KTVと一口に言っても様々な種類のお店があります。

一つずつご紹介していきますね。

フィリピンで夜遊び①ジャパニーズKTV

その名の通り、日本のキャバクラと同じようなシステムのお店をジャパニーズKTVと言います。

客層はやはり日本人が多め。

@tribu_diwata)さんの投稿

他の種類のKTVと比べると、日本人オーナーのお店が多く、日本人に対して失礼のないよう教育された女の子が多いです。

サービスも日本のキャバクラのようで、おしぼりを出してくれたり、グラスが空いたらお酒をついでくれたり…。

1 2 3
ページトップへ