ホーチミンの治安情報。日本人が巻き込まれやすい犯罪とは

時事 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本各地から直行便が運行していて、東京から約6時間前後で到着することもあり、人気な海外旅行先ベトナム。

南北に長く、世界中から観光客の集まる観光地が多いベトナムですが、ベトナムの経済を牽引していると言われている都市がホーチミンです。

ホーチミンには1859年から始まったフランス統治時代の面影を残した建物が多数残っていて「東洋のパリ」と呼ばれることも。

日本人観光客も多いホーチミンですが、観光の際に気をつけなければならないことがあります。

それはホーチミンの治安

世界の中でも上位に入る治安の良さを誇る日本に住んでいると、具体的にどんな危険が潜んでいるのか想像しにくいですよね。

そこで本記事では、日本人がベトナム・ホーチミンの治安で気をつけるべきことをご紹介していきます。

ホーチミンの治安ってどうなの?

ベトナム最大の商業都市であり、経済を牽引しているホーチミン。

日本と比べるともちろん治安が良いとは言えませんが、世界的に見ると「夜間に女性が一人歩きできる程度」という統計もあるようで、治安が良い部類に入ります。

@__di_ana___)さんの投稿

しかし、実際にホーチミンで日本人が犯罪に巻き込まれる案件が多発しているのです。

日本人にも人気の高いホーチミン旅行。果たしてどんなことに気をつければよいのでしょうか?

特に気をつけるべきことを4つご紹介していきます。

ホーチミンで日本人が巻き込まれやすい犯罪①ひったくりとスリ

日本人がホーチミンでもっとも巻き込まれている事件がひったくりとスリ。

庶民の足がバイクであるホーチミンは老若男女問わず皆、バイクに乗っています。

人通りがある道だろうと、人通りがない道だろうとひったくりが頻発していて、特に日本人は狙われやすいよう。

1 2 3
ページトップへ