台湾のリアルなトイレ事情!流せるトイレットペーパーが便利!?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは使用済みのトイレットペーパーはどうしたらいいの?と思ってしまいますよね。

台湾のトイレには男女ともに個室にゴミ箱が設置されています。

使用後はこのゴミ箱にトイレットペーパーを捨てるというわけですね。

台湾では当たり前に行われていることですが、日本人からすると、使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に捨てるのは抵抗を感じてしまいますよね…。

この頃観光業に力を入れている台湾では、2017年から行政によってトイレットペーパーをそのまま流せるようにする施策が始まったよう。

しかし、まだまだそのまま流すことができないトイレの方が多いです…。

台湾のトイレにはトイレットペーパーがない!?

日本では当たり前のようにトイレにはトイレットペーパーが設置されています。

しかし、台湾ではトイレットペーパーが設置されていないことも…。

万が一の時に備えて、台湾ではトイレットペーパーを持ち歩くようにしましょう。

台湾のトイレは便座が汚れている!?

日本ではまず見かけない光景ですが、台湾のトイレの便座には、足跡が付いていることがよくあります…。

和式トイレを使用するように、様式トイレの上に立って、用を足す人たちがいるのだとか。

@grandtuvaletさんの投稿

そのため現地の若者たちは空気椅子状態でトイレを使用するよう。

空気椅子状態が辛い人は、トイレットペーパーとあわせて除菌シートも持ち歩いた方が良いでしょう!

台湾のトイレを心地よく使うために必要なアイテム

台湾のトイレ事情をお伝えしてきました。

日本とは異なる仕組みに驚いた人も多いのではないでしょうか!?

1 2 3
ページトップへ