台湾のリアルなトイレ事情!流せるトイレットペーパーが便利!?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そこで台湾のトイレを心地よく使うために持ち歩くべきアイテムをご紹介します。

台湾のトイレを使うために必要なアイテム①トイレットペーパー

台湾観光の際に必須な持ち物その①はトイレットペーパーです。

トイレットペーパーをそのまま流せるトイレを使う際も、詰まり防止のために水に流せるティッシュを購入すると良いでしょう。

ちなみに水に流せるという言葉は現地語で「可丟入馬桶中」と書きます。

ティッシュのパッケージのこの文言が書かれているものを購入するようにしましょう。

台湾のトイレを使うために必要なアイテム②除菌シート

便座に足跡がついていることが多い台湾のトイレ。

空気椅子状態で使用する人がほとんどのようですが、その状態が辛い人は、除菌シートを持ち歩くようにしましょう。

台湾のトイレを使うために必要なアイテム③携帯ウォシュレット

台湾のトイレにはウォシュレットがありません。

@mikitty.1028)さんの投稿

日本でウォシュレットが必須な生活をしている人は、携帯用ウォシュレットを持参すると良いでしょう!

安価なものだとネットで500円で購入できますよ。

観光名所や公共の場の台湾のトイレ

これまで台湾のトイレ事情や台湾でトイレを心地よく使用するために必要なアイテムをご紹介してきました。

ここからは、観光名所や公共の場のトイレが実際どのようになっているのかご紹介していきます。

台湾のリアルなトイレ事情①ホテル

ホテルのランクによっても異なりますが、高級ホテルの場合、日本のようにトイレットペーパーを流せる場合が多いです。

また、清掃がマメに入るため日本のトイレと同じような感覚で使用することができるでしょう。

台湾のリアルなトイレ事情②地下鉄のトイレ

駅によっても異なると言うのが実情。

@js2von)さんの投稿

しかし、日本で言う新宿のような大きな駅である台北車站(台北駅)のトイレは日本のように綺麗でした。

清掃がマメに入っているようです。

台湾のリアルなトイレ事情③コンビニのトイレ

不特定多数の人が使用するコンビニのトイレは、便座や床が汚れている場合がほとんど。

トイレットペーパーはまず設置されていません。

台湾のリアルなトイレ事情④レストレン

観光客が訪れるような高級レストランのトイレは、清掃が行き届いていることが多いです。

トイレの清潔度合いがそのレストランの衛生管理への意識に比例しているのではないでしょうか。

@toilet.interaction)さんの投稿

台湾のリアルなトイレ事情⑤デパート

新しいデパートの場合、清掃がマメに入り手入れが行き届いていることが多いです。

綺麗なトイレを使用したいと思うのはどこの国でも共通の意識。

特に若い女性が足を運ぶデパートのトイレは、清潔な印象を持つことが多いですね。

まとめ

日本とは大きく異なる台湾のトイレ事情についてお伝えしてきました。

台湾に訪れる際は、トイレットペーパーを必ず持ち歩くようにしましょう。

除菌シートや携帯用ウォシュレットを持参するのもおすすめです。

まだまだトイレットペーパーをそのまま流すことができなことが多い台湾のトイレ事情。

2017年から政府の施策が変わったことで、今トイレットペーパーを流せるトイレが増えていくといいですね!

1 2 3
ページトップへ