四季ごとに解説!台湾旅行の服装、台湾ファッションの聖地もご紹介

未分類 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の6月から9月は日本の夏と変わらない半袖やタンクトップ、半ズボンといった服装で全く問題ありません。

日本以上に蒸し暑いため、汗を吸い取ってくれるような服装で行くと良いでしょう。

日本で流行っているロングスカートを台湾の夏に履くのは、かなりきついです。

外は蒸し暑い台湾の夏ですが、室内は冷房がかなり冷えているため、羽織るものを持ち歩くようにしましょう。

台湾の秋に合った服装やファッション

台湾では10月から11月が秋にあたります。

この時期は、台湾観光のベストシーズンとなるため、世界中から観光客が訪れます。

日本の秋よりかなり暖かい日が続く台湾の秋。

外を歩くときは、長袖長ズボンが適しているでしょう。

@_huccさんの投稿

雨が降ると気温が下がるため、羽織れるものを持ちあるくと快適に過ごせます。

また、明け方や夜は気温が下がるため、パジャマは長袖長ズボンのものを持って行くようにしましょう。

台湾の冬に合った服装やファッション

台湾では12月から2月が冬にあたります。

冬といっても日本よりは暖かいですが、温かめのアウターは必要です。

夜に夜市などに出かける際は、日本の冬のようにダウンやムートンブーツを履いていても違和感はないでしょう。

@ishiiyuri22)さんの投稿

基本的にアウターがあればヒートテックなどは不要なように感じられますが、心配な人は持参した方が無難です。

台湾旅行に適した服装やファッションを季節ごとにまとめると…

せっかくの台湾旅行。

季節に適した服装で快適に過ごしてくださいね!

3月から5月 6月から9月 10月から11月 12月から2月
半袖で問題ないが羽織るものが1枚必要 日本の夏と同じ服装

1 2 3
ページトップへ