ベトナムコーヒーとは?入れ方や器具、お土産、豆、G7を紹介

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近日本でもフォー専門店ができたり、ベトナム料理店が増えたりと、ファンの多いベトナム料理。

そんなベトナムではコーヒーが有名なことをご存知でしたか?

日本のカフェでもよく、ベトナムコーヒーのメニューを見かけることができます。

そんなベトナムコーヒーですが、一体普通のコーヒーと何が違うのでしょうか?

本記事では、ベトナムコーヒーとは何なのか?味の特徴や入れ方、豆、種類、お土産などについて探っていきます。

ベトナムコーヒーとは何?

最近日本のカフェやコーヒー専門店でもよく見かけるベトナムコーヒーという文字。

ベトナムコーヒーとは、一体普通のコーヒーと何が違うのでしょうか?

@jofrazia)さんの投稿

『ベトナムコーヒー』と国名まで付けられた名前のコーヒー。

きっとそこには何か秘密があるハズ。

真相を探っていきましょう。

@jofrazia)さんの投稿

ベトナムコーヒーとは、ベトナムの伝統的なコーヒーの飲み方に基づいて、飲まれているコーヒーのこと。

つまり、ベトナムコーヒーとは、

コーヒーの入れ方も独自のやり方があるコーヒーということ。

なんと、コンデンスミルク(練乳)が使われているのです。

そのため、ベトナムコーヒーはブラックで飲んでも甘い味がします。甘党の人には嬉しいですよね。

ベトナムコーヒーが誕生した背景にコーヒー豆の種類が関係している!?

かつて、フランスから植民地支配を受けていたベトナム。

世界で一番コーヒー豆の生産量が多いのはブラジル。

実は世界で二番目にコーヒー豆の生産量が盛んなのは、ベトナムです。

1 2 3
ページトップへ