バターコーヒーダイエットの勧め!置き換えで脂肪が減っていく!?

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色々調べてみたところ、バターコーヒーダイエットは、朝食代わりにバターコーヒーを飲むと良いと言われているのだそう。

しかし、最近ではバターコーヒーでダイエット効果を得るには、

  • 夕食後16から18時間後まで食事を摂らない
  • 朝食にバターコーヒーを飲む

という方法が最適だと言われているようです。

@majojo1540)さんの投稿

少し難しく感じてしまいますが例えば夕食を21時に食べた場合、短くてもお昼の13時までは昼食を摂らない方が良いということ。

この際、バターコーヒーは食事として捉える必要がないため、朝食代わりにバターコーヒーを飲んでも問題ありません。

バターコーヒーの材料や作り方

ここまで紹介してきたバターコーヒーやそのダイエット法。

カフェに毎回バターコーヒーを買いに行くのも良いですが、なかなか現実的でない人向けに家でもバターコーヒーを作れるよう、レシピや作り方を調べてみました。

バターコーヒー1杯を作るのに必要な材料は、

  • ブラックコーヒー 1杯
  • グラスフェッドバター 10g
  • MTCオイルまたはココナッツオイル 大さじ1程度

の3つだけ。

以外とシンプルな材料のみでバターコーヒーは作れてしまうんです!

@anri_anneさんの投稿

MCTオイルの方が体脂肪がつく原因になりにくいとされているため、ダイエット目的の人は、MCTオイルを使うと良いでしょう。

続いて、気になるバターコーヒーの作り方を探っていきます。

【バタコーヒーの作り方①】

ブラックコーヒー1杯分をドリップする。

この際、インスタントよりも淹れたてのブラックコーヒの方がベターです。

【バタコーヒーの作り方②】

カップにブラックコーヒーを注いだら、グラスフェッドバター10gと、MTCオイルもしくはココナッツオイルを大さじ1入れて、スプーンでかき混ぜたら完成!

バターコーヒーの作り方も至ってシンプル。

特別難しい手順もないので、忙しい朝にもぴったり!

こんなに簡単に作れるため、これならバターコーヒーダイエットは続きそうな気がしてきます。

バターコーヒーダイエットをする際の注意点

材料も作り方も至ってシンプルなバターコーヒーダイエットですが、無視するとダイエット効果がでにくくなってしまう注意点があります。

バターコーヒーダイエットをする際の注意点に注目していきましょう。

バターコーヒーダイエットには向き不向きがある!?

朝食代わりにバターコーヒーを摂るバターコーヒダイエット。

  • 置き換えダイエットが続かない
  • 1日3食以上食べる
  • 肥満体型

これらに該当する人には、バターコーヒーダイエットは向かないとされています。

満腹感を感じるホルモンの働きが弱い人は、バターコーヒーダイエットでも満腹感を感じにくいのだそう。

そのため、普段から満腹感を感じにくく、置き換えダイエットが続かなかったり、1日3食以上食べたりしてしまう人には、バターコーヒーダイエットが続かないのでしょう。

本来なら満腹感を感じられるはずのバターコーヒーダイエットで、満腹感を得られなかったら本末転倒。

そのため、満腹感を感じるホルモンの働きが弱い人は、バターコーヒーダイエットに不向きなのですね。

バターコーヒーにはグラスフェッドバターを使用する

バターコーヒーダイエットには、必ずグラスフェッドバターを使用しましょう。

牧草で育った牛から作られているグラスフェッドバターは、塩分が低く、不飽和脂肪酸がたくさん含まれているため、中性脂肪などの排出効果が見込めるのです。

1 2 3 4
ページトップへ