人よりうさぎが多い大久野島!負の遺産を抱える歴史に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


皆さんは瀬戸内海にぽつんと浮かぶ大久野島をご存知ですか?

大久野島は周囲が約4.3km程というとても小さな島ですが、700羽も生息しているうさぎが有名で最近密かに人気を集めているんです。

これほど小さな島にうさぎが700羽もいるってなんだか想像がつかないですよね。

もちろん大久野島にはうさぎ以外の魅力も満載。

そこで本記事では大久野島のうさぎや歴史などについてご紹介していきたいと思います。

うさぎで有名な大久野島とは

大久野島は別名「うさぎ島」とも呼ばれ、島の至るところで見かけることのできる、愛らしいうさぎが観光の目玉となっています。

「猫島」という愛称で呼ばれる島はいくつか存在しますが、「うさぎ島」という愛称で呼ばれているのは、この大久野島だけ。

700羽ものうさぎが生息しているという珍しさから日本全国だけに留まらず、世界中の観光客が足を運んでいます。

うさぎは繁殖力が高い動物としても知られているため、子孫繁栄の動物として世界中で愛されています。

そのため、大久野島には子孫繁栄や安産を祈願する人も訪れているのだとか。

なんだか大久野島って縁起が良さそうですよね。

しかし、大久野島は負の遺産を抱えている島としても知られているのです。

大久野島が抱える負の遺産について迫っていきましょう。

かつては地図から消された島・大久野島

今でこそ子孫繁栄や安産を祈願する人が訪れている大久野島ですが、かつては地図から消されていました。

戦争を機に、大久野島に昭和4年、毒ガス工場が作られ、毒ガスが製造されてきたのです。

1 2 3 4
ページトップへ