全米住みたい街1位に輝いたポートランドの魅力に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


皆さんはアメリア人がもっとも住みたい街をご存知ですか?

本記事では、「全米住みたい街1位」に輝いたオレゴン州ポートランドについてご紹介していきます。

  • 全米住みたい街1位に選ばれたポートランドの魅力
  • ポートランドの天気や日本との時差
  • 日本からポートランドへのアクセス

などなどアメリカ人を魅了してやまないポートランドの魅力に迫っていきましょう!

全米住みたい街1位のポートランドはスローライフを満喫できる

「全米住みたい街1位」に輝いたオレゴン州のポートランドですが、まだあまりその名を知らない人が多いのではないでしょうか。

ポートランドはアメリカの左上の方、西海岸にある街です。

人口は約60万人とアメリカ国内では29番目の人口を誇っています。

ポートランドの大きさは日本の横浜市より、若干小さいくらい。

世界的に有名なニューヨークやロサンゼルスなどと比較すると、ポートランドは小さな街。

しかし、ポートランドの街から20分ほど車を走らせれば、大自然が広がっていて、都市ライフも大自然も満喫できてしまうのです。

ポートランドの街はコンパクトにつくられていて、地元発祥のカフェやレストランなどがたくさんあり、地元人から愛されています。

このように、コンパクトに欲しいものがまとまっている街で、車を少し走らせれば大自然を満喫できるのが、ポートランドの魅力なのですね!

アメリカの様々なランキングを獲得しているポートランド

ポートランドの魅力は「全米住みたい街1位」に選ばれるだけに留まりません!

このランキング以外にも、

  • 35際以下が最も住みやすい街ランキング
  • きちんとした食生活で健康に暮らせる街
  • 全米で最も出産に適した街
  • 全米で最も環境に優しい都市
  • 全米で最も自転車通勤に適した都市
  • 全米で最も菜食主義者に優しい街
  • 全米で最も外食目的で出かける価値のある都市
  • 知的労働者に最も人気のある都市

などにも選ばれています!

一つの都市がこんなにも多くのランキングを獲得するなんてすごいですよね!

ポートランドの天気と日本との時差

続いては、ポートランドの天気や日本との時差について探っていきましょう!

ポートランドは北海道の北端にあたる稚内とほとんど同じ緯度(北緯約45.5度)に位置しています。

@seattle_lovers)さんの投稿

北海道と同じ緯度と聞くと、寒そうな気がしますが、暖流の影響を受けているため、一年中平均して温暖な気候が続きます

温暖な気候が続くポートランドですが、降水量が多く、10月から5月には一年間の9割もの雨が降ると言われいるんですよ。

ポートランドの春

ポートランドの春は日本とほぼ同時期である3月末に訪れます。

ポートランドに春が訪れると、桜が咲き、日本と同じように開花を喜びます。

春と言っても降水量が多いポートランドの特徴。

日本では桜の咲く春は、あまり雨が降らないので、ポートランドの春は日本人にとってなんだか新鮮かもしれませんね。

ちなみに桜が散ると、4月にはチューリップ、5月にはツツジやボタンなどが咲き始めます。

ポートランドの夏

5月末頃からだんだんと夏らしくなってきます。

5月はまだまだ降水量が多いポートランドですが、6月に入ると日が長くなり、学校も夏休みを迎えます。

@niggykim)さんの投稿

この時期はポートランドの町中で「ファーマーズマーケット」が開催され、街が活気付いた雰囲気に。

別名『バラの街』とも呼ばれているポートランドですが、6月はバラの花が咲き誇りピークを迎えます。

ポートランドの観光名物でもある『ポートランド・ローズ・フェスティバル』もこの時期に開催され、多くの人で賑わいを見せます。

7月・8月は真夏日が続き、夜も9時頃まで明るいため、1日を有効活用できるのだとか。

ポートランドの秋

9月の中旬に入ると、そろそろ秋らしくなってきます。

10月に入るとポートランドでは、スポーツの試合やハロウィーンのイベントが目白押しに。

街から車を走らせると、紅葉があたり一面に広がり、美しい景色を臨むこともできます。

しかし、雨が振る日が少しずつ増えてくるので、雨対策は忘れずに!

ポートランドの冬

ポートランドの12月はクリスマスの飾り付けやイルミネーションがあちこちで見られ、賑やかな雰囲気に。

12月はポートランドで最低気温が最も低くなる時期で、平均最高気温は7℃ほど。

また、この時期は降水量も増えてくるので、雨対策は忘れずに行いたいですね!

ポートランドと日本の時差

アメリカの西海岸に位置するポートランド。

ポートランドと日本の時差は17時間で、日本の方がポートランドより早く進んでいます。

しかし、ここで一つ注意しなくてはならないことがあります。

それは、サマータイム!

@theduckf)さんの投稿

サマータイムとは、3,月から11月の日の出時刻が早まる時期に、時計の春を1時間早めて、日照時間を有効活用する制度のこと。

このサマータイムという制度は、アメリカを始めカナダやメキシコ、ヨーロッパ各国などで導入されています。

つまり、ポートランドが属しているオレゴン州は、サマータイムを導入しているため、3月中旬から11月上旬の間は、日本との時差が16時間になるのです。

日本からポートランドへのアクセス

日本からポートランドへは飛行機でアクセスできますが、直行便なのか乗り継ぎ便なのかによって、飛行時間も値段も異なってきます。

日本からポートランドー直行便】

直行便の場合は、デルタ航空が成田国際空港からポートランド国際空港まで運行しています。

2018年6月の中旬に日にちを設定したところ、移動時間は約9時間、193,310円でした。

日本からポートランドー乗り継ぎ便】

  • 成田国際空港→ロサンゼルス国際空港で乗り継ぎ→ポートランド国際空港

移動時間は約15時間、160,073円

  • 成田国際空港→ホノルル国際空港→ポートランド国際空港

移動時間は約26時間、168,941円

と、乗り継ぎ便の場合は様々な経由地があるようです。

航空券の値段は時期によって変動が激しいため、都度調べてみてくださいね。

まとめ

「全米住みたい街1位」に輝いたオレゴン州ポートランドの魅力に迫ってきました。

コンパクトに街が設計されていて、車を少し走らせれば大自然も満喫できるのが、ポートランの魅力のようです!

また、地元発祥のお店が愛されているのもポートランドの魅力なのではないでしょうか。

日本から直行便も運行しているため、気軽にアクセスできますよ!

ページトップへ