あまりにも神秘的すぎて怖い白神山地とインスタ映え『青池』の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本が誇る世界遺産『白神山地』。

白神山地が世界遺産だということを知っていても、白神山地とは一体何なのか?詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では白神山地についてや、白神山地が世界遺産に登録された背景、有名な観光地でもある青池、白神山地で出会える動植物、トレッキングなどについてご紹介していきます。

神秘的すぎる白神山地

白神山地とは、秋田県北西部と青森県南西部にまたがっている山地帯のことを言います。

その面積はなんと約13万haにも及び、想像できないほど広大な山地帯なのです。

@moxa522)さんの投稿

白神山地には多種多様な植物が生息していますが、世界最大級のブナ林が広がっています

白神山地では貴重な生態系が広がっていて、ユネスコ世界遺産に登録されたのは1993年12月のことでした。

ちなみに1993年12月の同時期には屋久島も日本ではじめてのユネスコ世界遺産に登録されました。

白神山地はユネスコ世界遺産に登録される前は、弘西山地という名で親しまれていたのだとか。

世界遺産に白神山地が登録されてたことによって、世界中にその名が広がっていくことになったのです。

白神山地の青池は目を見張るほどの絶景!インスタ映えも

さて近頃、白神山地の中にある『青池』という目を見張るほど美しい池がインスタ映えすると話題になっています。

この青池という名前から想像がつくとおり、、青く透き通った池で見ているだけで吸い込まれそうになってしまうのだとか。

この目を見張るほどの絶景が広がる青池を一目見ようと、全国から観光客が白神山地に足を運んでいます。

白神山地の中には、十二湖と呼ばれる33の湖沼群があります。

この湖沼群は江戸時代に発生した大地震の影響で山が崩れたためにできたと言われているのだとか。

実際は33個の湖沼でしたが、崩山から見ると12個の湖沼に見えたことから、十二湖と呼ばれるようになりました。

この十二湖の中で最も有名なのが青池なのです。

青池の色は見る角度によって全く違う色に見え、人々を魅了してやみません。

木々が水面に反射して映る姿は、本当に神秘的。

青池の透明なブルー色の水は自然が作り出しもので、なぜこのような色をしているのかは未だに解明されていないのだそうです。

見る角度や天気などで全く異なる表情を魅せてくれる青池を一度見たら、その神秘的な絶景に心を奪われてしまうこと間違い愛でしょう!

白神山地でトレッキングを楽しもう!

白神山地では一般の人もトレッキングを楽しむことができます。

手付かずの自然が多く残る白神山地ですが、散策コース登山コースが整備されていて、自然を体感することができるんですよ!

ブナ林が延々と続く、白神山地の中をトレッキングしたら、心がスカッとすること間違いなし。

自然を体感すると、リフレッシュになりますよね。

白神山地のトレッキングコースの中には、ブナの木の音を聴くために、聴診器まで用意されています。

木の音を聴くなんて、こんなレアな体験は他でないですよね。

それでは、白神山地のトレッキングコースをご紹介していきます。

散策コース【十二湖散策コース】

この十二湖散策コースは青池やエメラルドグリーンに輝く「鶏頭場の池」、紅葉したブナや色鮮やかな野鳥などを散策できるコース。

十二湖散策コースは上り降りが激しくないため、歩きやすく人気があります。

@stk0107)さんの投稿

距離:一周1.5km

所要時間:約1時間3o分

散策時期:4月上旬から11月下旬

4月中旬から5月上旬は新緑

10月上旬から11月下旬は紅葉

登山コース【白神岳登山道「十二湖コース」大崩往復ルート】

このコースは、山頂から十二湖が一望できるとあって人気のコースとなっています。

青池や鶏頭場の池を眺めながら登山ができるのだとか。

急な坂がところどころありますが、なだらかな坂も多いので休憩しながら先に進むことができます。

@yoyo3sho)さんの投稿

距離:約4.2km

所要時間:登り約2時間30分

降り約2時間

登山時期;4月上旬から11月下旬

4月中旬から5月上旬は新緑

10月上旬から10月下旬は紅葉

白神山地に生息している動物たち

手付かずの自然が残る白神山地では、多くの動物たちが生息しています。

運がよければ珍しい動物たちに、トレッキング中に出会えるかもしれませんね!

@risa_sister)さんの投稿

もし、白神山地でトレッキング中に動物を見かけても近づいたり、驚かしたりせずに、静かに見守ってあげるようにしましょう。

また、個人で飼っているペットは白神山地に連れていくことができません。

世界遺産じ登録されている白神山地の貴重な生体に悪影響を与える可能性が否めないためです。

白神山地に生息しているニホンカモシカ

ニホンカモシカは日本にのみ生息していて、ブナが広く分布するところで生活しています。

ニホンカモシカは以外にもウシ科の動物で、単独で行動することを好むのだとか。

@duckintheforestさんの投稿

その理由については、単独で行動した方が、敵から身を守り安いためだと言われています。

かつてから狩猟に対象であったニホンカモシカは、生息が確認されている数も少なく、心配する声が相次いでいました。

しかし、国の特別天然記念物に1995年に指定されたことから、保護されています。

白神山地に生息しているクマゲラ

クマゲラは北海道と東北の一部のみに生息している日本で最大級のキツツキです。

オスは頭頂部が赤く、メスは後頭部が赤くなっているため、性別の見分けがつきやすいですよ!

クマゲラは、ブナに楕円形の穴をつくり、生活しています。

ただでさえ、生息数が少ないクマゲラでうすが、警戒心がとっても強いため、見かけることができたらとってもラッキー!

そんなクマゲラは、白神山地のシンボルのような存在となっています。

このほかにもニホンザルやニホンツキノワグマ、イワナ、ヤマメなどが白神山地に生息しているのだとか。

まとめ

白神山地についてご紹介してきました。

未だに手付かずの自然が残り、1993年12月にユネスコ世界遺産にも登録されている白神山地には、多くの動植物が生息しています。

十二湖のうちの一つ、青池は一度見たら、その美しさに心を奪われてしまうでしょう!

青池を見ることができるトレッキングコースなども充実しています。

また、ブナの木の音を聴くというレアな体験もできてしまうのも、白神山地の魅力!

リフレッシュのためにぜひ訪れてみてはいかがですか?

ページトップへ