あまりにも神秘的すぎて怖い白神山地とインスタ映え『青池』の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白神山地の中には、十二湖と呼ばれる33の湖沼群があります。

この湖沼群は江戸時代に発生した大地震の影響で山が崩れたためにできたと言われているのだとか。

実際は33個の湖沼でしたが、崩山から見ると12個の湖沼に見えたことから、十二湖と呼ばれるようになりました。

この十二湖の中で最も有名なのが青池なのです。

青池の色は見る角度によって全く違う色に見え、人々を魅了してやみません。

木々が水面に反射して映る姿は、本当に神秘的。

青池の透明なブルー色の水は自然が作り出しもので、なぜこのような色をしているのかは未だに解明されていないのだそうです。

見る角度や天気などで全く異なる表情を魅せてくれる青池を一度見たら、その神秘的な絶景に心を奪われてしまうこと間違い愛でしょう!

白神山地でトレッキングを楽しもう!

白神山地では一般の人もトレッキングを楽しむことができます。

手付かずの自然が多く残る白神山地ですが、散策コース登山コースが整備されていて、自然を体感することができるんですよ!

ブナ林が延々と続く、白神山地の中をトレッキングしたら、心がスカッとすること間違いなし。

自然を体感すると、リフレッシュになりますよね。

白神山地のトレッキングコースの中には、ブナの木の音を聴くために、聴診器まで用意されています。

木の音を聴くなんて、こんなレアな体験は他でないですよね。

それでは、白神山地のトレッキングコースをご紹介していきます。

1 2 3 4
ページトップへ