軍隊を持たないコスタリカの幸福度はピカイチ! 治安や観光に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その後ホセ・フィゲーレス・フェレールが大統領に就任すると、今までコスタリカの軍事費用として充てられていたお金を、教育や福祉、環境保護などに充てることが決定。

当時のホセ・フィゲーレス・フェレール大統領は、軍隊を持たないで国を保っていくためには、教育が大切だという信念を持っていて、教育についても見直していきます。

このようにしてコスタリカは軍隊を持たない国へと変化していきました。

軍隊を持たないコスタリカですが、特殊部隊が存在します。

この特殊部隊は、軍事力に使われるわけではなく、警察を助ける目的で組織されているのです。

コスタリカは世界幸福度ランキングで途上国トップに輝いた国

軍事力を保持していないコスタリカですが、世界幸福度ランキングで途上国トップに輝いています。

この世界幸福度ランキングとは、国連によって発表された「世界幸福レポート2015」のこと。

@my_daily_life_in_usa)さんの投稿

この世界幸福レポートでの調査項目は、GDPや人生の選択肢、国民の寛容さ、平均健康寿命、社会的支援、汚職の認知度といった6つの項目。

この世界幸福レポート2015で1位から順に、スイス、アイスランド、デンマークなどと先進国の名前が挙がっていましたが、途上国ではコスタリカがトップに輝きました。

1 2 3 4
ページトップへ