あたたのやる気スイッチオンにしてみせます!まずはこれを試してみて

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


個別指導スクールIEのCMですっかりおなじみとなった『やる気スイッチ』という言葉。

やる気を出したいのに、どうしても何もやる気にならなくて、困り果ててしまった経験はありませんか?

学生ならまだしも、社会人になるとやる気がなくても、やる気スイッチをオンにしなければいけないシチュエーションがたくさんあります。

そこで本記事では、やる気がないときでもやる気スイッチをオンにする方法をご紹介していきます!

慶応義塾大学によって実際に発見された脳内のやる気スイッチ

やる気スイッチがあったらどんな簡単なんだろう?と思ったことがある人はきっと多いでしょう。

やる気が出なくなったり、感情が乏しくなってしまうと言われている意欲障害が起こる原因は、脳が障害を広範囲に渡って受けること。

厄介な意欲障害ですが、慶応義塾大学などの研究によって脳内にやる気スイッチを維持してくれる部位があることが明らかになりました。

そのため、やる気を出す手助けをしてくれる薬の製造が可能になるかも!?と言われているんだとか。

やる気スイッチがオンにならない理由を解明する

やる気スイッチをオンにするには、まずやる気がどうして出ないのか、その理由を解明する必要があります。

社会人は、生きていくためにどんなにやる気がなくても、遂行していかなければならない任務がありますよね。

そんな時に、やる気スイッチをオンにできたらどんなに人生がうまくいくんだろう?と考えたことはありませんか?

やる気スイッチをオンにする方法をご紹介する前に、まずはなぜやる気が出ないのか、その理由を解明していきましょう。

やる気スイッチがオンにならない理由①悩み事や決断するべきことが多い

人の脳は、悩み事や決断すること、考え事などが多いとどうしてもそちらに意識が集中してしまい、集中することができません。

その結果、やる気が出なくなってしまうのです。

@adriannazakher)さんの投稿

悩み事や決断するべきことが多い人は、一旦脳をリセットするために、気になることを全て紙に書き出してみましょう。

人は思考を紙に書き出すことで、脳をリセットし、やらなくてはならない問題にきちんと向き合えるようになります。

騙されたと思って、この方法を試してみてくださいね!

やる気スイッチがオンにならない理由②最初から諦めていたり、希望を持っていない

人は最初から諦めていたり、希望を持っていないと、やらなければならないことに対して、やる気を出すことができません。

こういった傾向は、フリーランスや経営者として働く人よりも、会社に出勤することが毎日のルーティーンになっているサラリーマンに多く見られる傾向なのだとか…。

@adventurerjournal)さんの投稿

人生の大半の時間を占める仕事において、やる気が出ない日々が続いていたら、気分もどんよりしてきてしまいますよね。

簡単なことやちょっとしたことでもいいので、近い将来の達成できそうな目標を設定して、毎日にメリハリをつけてみると良いでしょう。

やる気スイッチがオンにならない理由③体調不良

体調不良など、体に不快感を覚えているときは、どうしても集中できず、やる気を出すこともできません。

体調管理も社会人の仕事のうちの一つ。

@sacred.diva)さんの投稿

風邪をひかないためにも栄養バランスの良い食事を心がけ、質の良い睡眠を取るように心がけましょう。

ちなみに質の良い睡眠とは、眠りについてから3から4時間後のゴールデンタイムに熟睡できる睡眠のことを指すようですよ。

ゴールデンタイムに熟睡するためにも、寝る直前にスマホやPCをいじることは避けるようにしましょう。

やる気スイッチがオンにならない理由④自分と社会のつながりを想像できない

人の幸福度は、社会や他者との関わりによっても変わってくると言われています。

つまり、人は自分が社会に役立つことができないと感じると、自分の存在価値を見いだせなくなり、塞いでしまうのです…。

@_wiolka_z_)さんの投稿

人は社会からの評価を重要視しているといっても過言ではありません。

そのため、自分と社会とのつながりを想像できなくなると、同時にやる気も失ってしまうのです。

積極的に社会や他者と関わることを意識し、自分が社会に与える影響などをイメージすると、やる気がでてくることでしょう。

やる気スイッチがオンにならない理由⑤結果が出ない時

人は、一生懸命努力したのに、結果が出なかった時も目標を失ってやる気が出なくなる傾向があります。

一生懸命頑張ったのに、結果が出なかったら、誰でも投げ出したくなってしまうと思います。

@blue_sim09)さんの投稿

しかし、そんな時こそ「失敗は成功の元」と自己暗示をかけて、自分を鼓舞してみましょう。

頑張ったのに無駄だと思い続けてしまうと、潜在的にやる気が出なくなってしまいます。

失敗してしまったときこそ、自分に喝をいれたいものですね。

やる気スイッチをオンにする方法

やる気スイッチがオンにならない理由が解明されたところで、続いては、やる気スイッチをオンする方法を探っていきましょう。

【目標を達成した後のご褒美を設定する】

人は、ご褒美があると集中できると言われています。

仕事が終わったらコーヒーを飲もうなどの簡単なご褒美でいいので、設定して集中力を高め、やる気スイッチをオンにしていきましょう。

@stabilosg)さんの投稿

【周囲の人に宣言する】

SNSなどを利用して、周囲に何かを宣言することで他者からのプレッシャーを感じ、宣言した通りに物事を成し遂げられるよう、努力することができます。

他者からのプレッシャーをうまく味方につけて、やる気スイッチをオンにしていきましょう。

【周囲を整理整頓する】

人は周囲が散らかっていたり、関係ないものが目につくと集中力がなくなり、やる気もなくなってしまいます。

周囲を整理整頓することは、脳をリセットすることにも繋がり、やる気スイッチをオンにしやすくなりますよ。

@doublerainbows.sg)さんの投稿

【やるべきことを書き出す】

やるべきことを紙に書き出すことで、思考が整理され、本当にやらなければならないことは何なのか、明確になります。

やるべきことを全て紙に書き出して、思考を整理してみましょう。

まとめ

やる気スイッチをオンにする方法をご紹介してきました。

最近何もやる気が出ないな…と感じている方!ぜひこれらの方法を試してみてくださいね!

ページトップへ