重要文化財の国立西洋美術館!見所や世界遺産、歴史、アクセスなどを紹介

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


数多くある日本の美術館でも圧倒的な人気を誇る国立西洋美術館。

その本館は、世界文化遺にも登録されるなど海外からも注目を集めています。

本記事では、日本が誇る国立西洋美術館の歴史や展示されている作品などについてご紹介していきます。

重要文化財にも指定されている国立西洋美術館

東京都の上野公園の中に位置する国立西洋美術館の本館は、世界遺産に登録されていて連日、日本人・外国人問わず多くの人が、作品を鑑賞するために、国立西洋美術館に訪れます。

そんな国立西洋美術館の本館は、スイス生まれの国際的な建築家、ル・コルビュジエによって設計されました。

@geeeco_)さんの投稿

ル・コルビュジエによって設計された国立西洋美術館の本館は、1998年公共建築百選に選定、2003年には日本のモダン・ムーブメントの建築に選定されました。

さらに、2007年には重要文化財に指定され、2009年には前庭や園地が国の登録記念物に登録されました。

名称:国立西洋美術館

住所:〒110-0007
東京都台東区上野公園7番7号

開館時間:9時30分~17時30分

金・土曜日 常設展・企画展とも20時まで

休館日:毎週月曜日および年末年始(12月28日-翌年1月1日)

※月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館

国立西洋美術館の歴史

国立西洋美術館の本館は、スイス生まれの国際的な建築家、ル・コルビュジエによって設計されたことがわかりました。

では、一体誰が国立西洋美術館の建設を始めたのかを探っていきましょう。

国立西洋美術館が設立された背景には、川崎重工業株式会社(当時は、株式会社川崎造船所)の松方幸次郎が深く関係しています。

その当時、日本人は芸術を勉強するために、パリへ趣き本場の芸術に触れていました。

しかし、パリで芸術に触れることができても、一般庶民であるため、貧しい生活を強いられていたのです。

そんな中、松方幸次郎は本場の芸術作品に日本人が触れられる機会を作るために、作品を日本に持ち帰ることを決意。

日本人が本場の芸術作品に触れる機会を作るために、奮闘していた松方幸次郎でしたが、会社の経営状況悪化により、松方幸次郎が持ち帰ろうとした美術品は、様々な場所に分散され、売られてしまうのです…。

その後、第二次世界大戦が勃発し、保管されていた美術品は、焼失したり、敵国・フランス政府によって貯蔵されてしまうことに。

終戦後、フランスで貯蔵されていた美術品は、日本へ返還されることになります。

この時に、「松方コレクションや他のフランス文化財を特別の美術館に保管、展覧することを確約することという約束がなされ、国立西洋美術館が建設されていったのです。

このように、国立西洋美術館設立の背景には、川崎重工業株式会社を立ち上げた松方幸次郎の熱い想いが関係していたのですね。

国立西洋美術館の代表的な展示作品

松方コレクションの展示を目的に、設立された国立西洋美術館では、どんな作品を実際に鑑賞することができるのでしょうか?

国立西洋美術館に展示されている代表的な展示物をご紹介していきます。

【考える人】

かの有名な彫刻先品・『考える人』が国立西洋美術館で展示されていて、実際に鑑賞することができます。

@jpartfanさんの投稿

作者:オーギュスト・ロダン/1840年 – 1917年

作品名:考える人

時期:第二次世界大戦前

【舟遊び】

日本でもファンの多い世界的に有名な画家クロード・モネによって描かれた『舟遊び』も国立西洋美術館で鑑賞できます。

この作品も松方幸次郎によって集められたものです。

@go_world23)さんの投稿

作者:クロード・モネ

作品名:舟遊び

時期:第二次世界大戦前

【睡蓮】

こちらもクロード・モネによって描かれた作品。

日本風の庭園が描かれたこの作品は、日本人ファンが多いことでも有名です。

@andoreari)さんの投稿

作者:クロード・モネ

作品名:睡蓮

時期:第二次世界大戦前

【地獄の門】

オーギュスト・ロダンによって製作された『地獄の門』も松方幸次郎のコレクションです。

@sasamoty.i)さんの投稿

作者:オーギュスト・ロダン

作品名:地獄の門

時期:第二次世界大戦前

【ばら】

フィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた『ばら』。

ゴッホは、日本の浮世絵に影響を受けた画家だと言われています。

作者:フィンセント・ファン・ゴッホ

作品名:ばら

時期:第二次世界大戦前

国立西洋美術館の14世紀から20世紀の展示作品

国立西洋美術館では、上記の有名作品以外にも、14世紀から20世紀までの美術作品を鑑賞することができます。

国立西洋美術館で常設されている展示作品はこちら!

【聖女カタリナの神秘の結婚】

1547年頃パオロ・ヴェロネーゼによって描かれた『聖女カタリナの神秘の結婚』。

キリスト教を進行する家庭に生まれたカタリナが、幻を見て、キリストと結婚する様子が描かれています。

作者:パオロ・ヴェロネーゼ

作品名:聖女カタリナの神秘の結婚

時期:14世紀から16世紀

【夏の夕べ、イタリア風景】

1773年にジョゼフ・ヴェルネによって描かれたこも作品には、自然主義な特質が現れていると言われています。

@night.photo.stadio)さんの投稿

作者:ジョゼフ・ヴェルネ

作品名:夏の夕べ、イタリア風景

時期:18世紀

【赤い鶏と青い空】

1953年にフェルナン・レジェによって描かれた作品です。

作者:フェルナン・レジェ

作品名:赤い鶏と青い空

時期:20世紀(第二次世界大戦後)

国立西洋美術館でランチ

松方コレクションの所蔵を目的に建設された、国立西洋美術館。

美術作品をたっぷり堪能して、お腹が空いたらぜひ、国立西洋美術館内のレストランに立ち寄ってみてくださいね!

美味しい西欧料理を味わえると根強い人気を誇っています。

@ryuichi.kono___)さんの投稿

名称:CAFE すいれん

電話番号:03-5834-7056

営業時間:10:00~17:15(食事11:00~16:30 喫茶10:00~17:00)

金曜日・土曜日10:00~21:00(食事11:00~20:10 喫茶10:00~20:30)

定休日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日または振替休日となる場合は翌日)
年末年始(12/28~1/1)
その他美術館休館日に準ずる

※国立西洋美術館HP参照

まとめ

国立西洋美術館が建設された背景や、常設されている展示物をご紹介してきました。

世界的にも有名な作品が数多く展示されている西洋美術館が建設された背景には、現在の川崎重工業株式会社の創業者である松方幸次郎の熱い想いが関係していたのですね。

当時貧しかった日本人のために、自らが美術品を買い取って、日本で展示しようとしていたとは、当時の日本人にとっても今の日本人にとってもありがたい話です。

都内にあり、アクセスも良いので国立西洋美術館にぜひ訪れてみてくださいね!

ページトップへ