女性の憧れ専業主婦!年金やメリット・デメリットを公開

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


家事全般を行い、育児など家庭のことに専念する専業主婦。

日本では女性の社会進出を機に、専業主婦の割合が減ってきたと言われています。

巷では、専業主婦になりたい!という声を聞くこともよくありますが、働いていない専業主婦は、年金を受け取ることができるのでしょうか?

そこで本記事では、専業主婦数の推移や、年金受給、メリット・デメリットなどについて調査していきます!

家事全般を行う専業主婦

専業主婦とは、社会で賃金を得られる労働をしておらず、家庭に入り家事や育児などを行う女性のことを指します。

日本ではかつて、男性は会社で労働し、女性は結婚すると家庭に入り、専業主婦として家事全般を行うのが一般的でした。

しかし、女性が社会に進出するようになってからは、専業主婦の割合が減少傾向にあります。

日本では、結婚相手(旦那)が高収入であるほど、妻が専業主婦として家事全般に従事している割合が多いのだとか。

今では日本だけでなく、アメリカでも専業主婦を志望している女性が増加傾向にあると言われています。

専業主婦の割合は減少傾向

今や日本のみならずアメリカでも専業主婦を志望する女性が増加していると言われている一方、過去から遡ってみると、専業主婦の女性は減少傾向にあります。

なんと1990年の専業主婦の割合は52%でしたが、2015年には38%にまで減少。

1990年には専業主婦の割合が半分だったのに対して、今では38%にまで減少しているのです。

この理由には、不景気が関係していると思われます。

実際周囲を見渡しても、専業主婦の家庭は珍しいのではないでしょうか。

こういった統計から見ても、現代はなかなか旦那の収入だけでは家族全員を養っていけず、妻も社会に出て働かないと、貯金はおろか生活も難しいのだと思われます。

第3号被保険者として年金を受注できる専業主婦

専業主婦を志望する女性の割合は増加しているのにも関わらず、実際に専業主婦として生活している女性の割合は、減少傾向にあることがわかりました。

1 2 3 4
ページトップへ