女性の憧れ専業主婦!年金やメリット・デメリットを公開

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


社会に出て、賃金を得られる労働は行なっていない専業主婦。

果たして老後に年金を受けとることはできるのでしょうか?

結論からお伝えすると、専業主婦として老後を迎えた女性も第3号被保険者制度で年金を受け取ることができます。

日本では被保険者(保険に加入する人)は、

  • 第1号被保険者とは、自営業を行う人や、食についていない無職の人
  • 第2号被保険者とは、勤め人であるサラリーマンや公務員
  • 第3号被保険者とは、20歳以上60歳未満かつ第2号被保険者に扶養されていて、年収130万円未満の人

といったように、第1号被保険者から第3号被保険者に分けられます。

第3号被保険者は自ら保険料を支払う義務はなく、厚生年金に加入する人全員でその保険料を支えています。

そのため、第3号被保険者であっても老後に年金を受注することは可能なのです。

専業主婦は離婚によって第3号被保険者から外れてしまう

厚生年金に加入する人全員で専業主婦の保険料を支えていることから、何かと不公平だと言われてしまうことも多い専業主婦ですが、あることによって第3号被保険者から外れてしまう場合もあるのです。

大橋未歩,旦那

そのあることとは、

  • 離婚
  • 旦那の退職
  • 旦那が65歳を迎えた
  • 旦那が亡くなった

特に、専業主婦で第3号被保険者である女性が離婚をすると、「被扶養者(異動)届」と「被扶養配偶者非該当届」を提出しなければならなくなり、保険料を納付する義務が発生してきます。

この間に、手続きを怠ると老後に受け取れるはずの年金額が減少したり、無年金になってしまうこともあるようなので、気をつけるようにしましょう。

専業主婦のメリット・デメリット

専業主婦は、一定の条件を満たすと第3号被保険者と見なされ、老後に年金を受給できることがわかりました。

1 2 3 4
ページトップへ