女性の憧れ専業主婦!年金やメリット・デメリットを公開

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


女性が社会進出を果たした頃の状況から一転して、最近では日本でも結婚したら専業主婦になりたい!とその生活に憧れる人が少なくありません。

一体、専業主婦として生活するメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

続いては、専業主婦のメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

専業主婦のメリット

まずは専業主婦のメリットだと言われている点から見ていきましょう。

【子供と共有できる時間が増える】

子育て中の専業主婦にとって、一番のメリットは子供と共有できる時間が増えることなのではないでしょうか。

子供が幼いうちから共働きしている場合、何かと子供の初めてを逃してしまうと言われています。

そんな記念すべき子供の初めての瞬間ん立ち会えるのは、専業主婦ならではのメリットでしょう。

【余裕が持てる】

子育てをしながら社会に働きに出た場合、なかなか自分だけの時間を作るのが難しいという声を耳にします。

時間的にも、気持ち的にも余裕を持って生活できるのも、専業主婦ならではのメリットでしょう。

【旦那が仕事に専念できる】

妻が専業主婦として家事や育児全般を行う場合、旦那は家庭のことを心配せずに、仕事に専念できるのも、妻が専業主婦になるメリット。

また、お互いに余裕が持てるという声も聞かれます。

専業主婦のデメリット

続いては、専業主婦ならではのデメリットを見ていきましょう。

【社会復帰が難しい】

男女平等が囁かれている現代ですが、どうしても一度企業を退社すると、正社員として再就職が難しくなるというのが実情のようです。

採用する側の企業としては、退社前の職歴を注意して見ているのだとか。

【金銭面での不安】

専業主婦として家事や育児に専念する場合、旦那のリストラなどを心配せずにはいられないという女性が多いようです。

やはり、金銭面は全て団内頼るしかないため、不安はつきものなのでしょう。

【育児のプレッシャー】

専業主婦として育児に専念する場合、全て完璧にこなさなくてはならないというプレッシャーをを感じてしまう女性が多いのだとか。

子育てに協力してくれる旦那であれば、妻が感じるプレッシャーも軽減されるでしょう。

まとめ

本記事では、専業主婦の推移や年金受給、専業主婦になることのメリット・デメリットについてご紹介してきました。

1 2 3 4
ページトップへ