残された家族が助かるエンディングノートの書き方と遺言書との違い

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法的効力が強い遺言書に対して、エンディングノートには法的効力はありません。

どちらかというと、エンディングノートには、「人生の記録」を残すというような意味合いが強いのだそう。

エンディングノートを作成する意味

遺言書とエンディングノートの違いがわかったところで、一体エンンディングノートを作成するメリットや意味とは何なのでしょうか?

調べてみるとエンディングノートを書くメリットや意味は大きくわけて2つあることがわかりました。

@kanno_asami1212)さんの投稿

【家族を安心させられる】

法的効力はないエンディングノートですが、自分の意思を書き綴っておくことで、家族に伝えることができ、家族はその意思にそうことができるようになります。

例えば、治療についての自分の意思を家族宛に綴っておけば、家族は治療の選択に責任を感じることがないため、家族の重荷をおろしてあげることもできるのです。

このように、エンディングノートを作成しておくことで、家族を安心させることができるのですね。

【残された家族の重荷をおろしてあげられる】

前述の家族を安心させられるというメリットや意味とも似ていますが、エンディングノートを作成しておくことで、残された家族の重荷をおろしてあげることができます。

葬儀に呼んでほしい友人のリストを作成したり、葬儀をどのように取り行ってほしいか希望を書いておくことで、家族はその意思に従うことができ、頭を悩ませる機会が減るのですね。

エンディングノートの書き方

続いては、エンディングノートの書き方についてご紹介していきます。

エンディングノートは、最初から一気に完成させる必要はありません。

@ma_you_aro)さんの投稿

1 2 3
ページトップへ