若者こそ知らなきゃ資産を損する!?つみたてNISAについてまとめ

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行や証券会社によっても商品の細部は異なりますが、主に毎月積立、2ヶ月に1度の積立、ボーナスが出た時だけの積立などがあり、自分でその頻度を選択できるという柔軟さも、つみたてNISAのメリットと言えるでしょう。

【つみたてNISAを始めるメリット③つみたてNISAは投資初心者でも始めやすい】

つみたてNISAは非課税とされる期間が長く、金融庁によって選抜された投資信託のみを投資対象とされています。

そのため、仮に投資初心者だったとしても安心感があるという点も、つみたてNISAのメリットでしょう。

つみたてNISAのデメリット

初心者でも始めやすいなど様々なメリットがあることがわかったつみたてNISAですが、一体デメリットは何なのでしょうか?

【つみたてNISAのデメリット①元本割れのリスクがある】

つみたてNISAのデメリットとしてあげられるのが、元本割れのリスクがあるということ。

あくまでもつみたてNISAとは非課税の積立投資であるため、元本が変動する恐れを抱えているということなのです。

例え金融庁によって厳選された投資信託であっても、元本や利益の保証ができるわけではないのです。

【つみたてNISAのデメリット②非課税の期間に期限がある】

非課税とされる期間が20年間と長いつみたてNISAですが、期限付きであることが、デメリットとなることも。

例えば、非課税の期間が終了した後も積立投資したお金を売却しないままの場合は、課税される口座へ、そのお金が移動されてしまいます。

課税されるだけでも損なのに、利益が上がるとまた課税されることになってしまうのです。

【つみたてNISAのデメリット③投資対象となる商品は限定されているものだけ】

つみたてNISAの場合、金融庁に選ばれた投資信託でしか、始めることができません。

数が絞られていて選びやすいというメリットはあるものの、幅広い商品を選びたい人にとってはデメリットとなってしまうようです。

おすすめのつみたてNISAは楽天証券やSBI証券…!?

一口につみたてNISAと言っても色々あって、どれを選んだらいいのかわからない…という方は多いと思います。

どのつみたてNISAが評判なのか調べてみると、楽天証券・SBI証券・みずほ銀行がよく検索されているようです。

それぞれのホームページをのぞいてみると、動画やキャラクターなどを使って詳しく説明されているので、のぞいてみてくださいね。

まとめ

若い世代から注目を集めている非課税制度「つみたてNISA」についてご紹介してきました。

つみたてNISAが誕生した背景には、今後ますます減ってくるだろうと予想されている年金受給が関係しているとは驚きでした…。

金融庁によって選ばれた投資信託のみで、積立投資を開始できるというのは、初心者にとっても心強いですよね。

ぜひ、つみたてNISAについて一度考えてみては?

1 2 3
ページトップへ