夫・妻・彼氏・職場によるモラハラの見分け方とパワハラとの違いは?

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


家庭や職場などに置いて最近、「モラハラ」という言葉がよく聞かれます。

一体、「モラハラ」と「パワハラ」との違いは何なのでしょうか?

本記事では、モラハラの意味や、パワハラとの違い、夫・妻・彼氏・職場などで聞かれるモラハラ被害とその対策などについてご紹介していきます。

モラハラ(モラルハラスメント)とは

モラルハラスメント、通称モラハラとは一体どんな意味なのでしょうか?

まずモラルを翻訳すると道徳や倫理となり、ハラスメントを翻訳すると嫌がらせという意味になります。

つまり、モラハラとは、道徳や倫理に反する嫌がらせという意味

実際にあったモラハラの例としてよく、嫌がらせをされた、不機嫌に振る舞われた、暴言を吐かれたなどがあります。

こう聞くと、モラハラといじめとは紙一重な気がしませんか?

モラハラとは、大人が行ういじめと考えても良いかもしれませんね。

「モラハラ」という言葉と同時に「パワハラ」という言葉もよく聞かれます。

では一体、モラハラとパワハラに違いとは何なのでしょうか?

モラハラとパワハラの違い

モラハラとは道徳や倫理に反する嫌がらせという意味だということがわかりました。

パワハラとは、上司が部下に対して嫌がらせをするという意味合いで使われることが多いのです。

つまり、モラハラとパワハラの違いとは、モラハラは言葉や振る舞いで相手に嫌がらせをすることを指し、家庭・職場などどこでも起こりえます。

それに対し、パワハラは部下から上司に対して行われる嫌がらせであると言えます。

モラハラと見なされる態度や振る舞いを環境別に解説

モラハラは家庭や職場などどこでも起こり得るということがわかりました。

それに対し、パワハラとは上の立場に立っている人間が、その立場を利用して下の立場の人間に嫌がらせをするということだとわかりました。

それでは、モラハラと見なされる態度や振る舞いにが具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

モラハラが起こり得る環境別にご紹介していきます。

モラハラ夫の態度や振る舞い

家庭内で夫からモラハラを受けていると悩んでいる妻は多いようです。

それではモラハラ夫の特徴を見ていきましょう。

  • 思い通りにいかないと無視を続ける
  • 脅してくる
  • 自分のルールを押し付けてくる
  • 急に優しくしてくる
  • 外面だけは良い
  • 自分の間違いを認めず、責任転嫁する
  • 激しく束縛してくる
  • 嘘つき
  • 気にかけず、思いやりがない

モラハラ夫の態度や振る舞いにはこのようなものがあるようです。

特に、最初のうちは優しかったのに、いざ結婚して子供が生まれ、離婚が難しい状況になると、モラハラ夫は本性を出してくることが多いのだとか…。

計算高いのも、モラハラ夫の特徴と言えるでしょう。

また、異常に外面が良いのに、家庭内では豹変するのも、モラハラ夫の特徴。

社会で感じたストレスを家庭内で発散するのもモラハラ夫の特徴です。

モラハラ妻の態度や振る舞い

最近では、男性だけがモラハラの加害者ではなく、女性特に、妻もモラハラの加害者になっているのだとか。

モラハラ妻の具体的な態度や振る舞いとは…

  • 嘘つき
  • 夫に厳しい
  • 外面が良い
  • 自分の非を認めず、責任転嫁する
  • モラハラ妻の親が過保護
  • 親との距離が異様に近く、親離れできていない
  • 夫を疎外させる
  • 常識という言葉を汎用し夫を追いやる

といったような特徴があるようです。

モラハラ夫とモラハラ妻の特徴は似ていますが、夫に厳しく接し追いやるような態度取るのだとか。

また、モラハラ妻は「常識」という言葉を汎用し、自分が正しが夫が間違っているということをどんな場面でも主張してくるようです。

家庭の主導権を妻が握るには良いことだと思いますが、いき過ぎてしまうとモラハラ妻が誕生してしまうのでしょう。

モラハラ彼氏の態度や振る舞い

まだ交際中の段階でも本性を出し、彼女を陥れようと企んでいるモラハラ彼氏が世の中には存在するようです…。

そんなモラハラ彼氏の態度や振る舞いとは、

  • 気に入らないと無視を続ける
  • 自分のことが大好きで自分が全て正しい
  • 異常に嫉妬深い
  • 外面が良く、社会的には好印象
  • 最初は優しいが徐々にモラハラが顔を出してくる
  • 言葉の暴力や脅し
  • 自分勝手

といった特徴があるようです。

モラハラ彼氏の場合も、外面は良く社会では好印象を持たれていることが多いと言えます。

そのため、彼女が共通の知人などに相談しても誰にも理解しれもらえず、さらに落ち込んでしまうということもあるのだとか。

職場でモラハラと認定される態度や振る舞い

職場で起こるモラハラにはどのような態度や振る舞いがあるのでしょうか。

具体的には、

  • 仕事を進める上で必要な事柄を伝えない
  • パライベートへの異常な介入
  • 孤立させる
  • 仕事を少ししか与えない
  • 無視する

といった態度や振る舞いがあります。

特に、仕事に必要な事柄を伝えないというのは、職場で起こるモラハラの特徴と言えるでしょう。

モラハラで離婚する夫婦が激増中

本来癒されるはずの家庭でモラハラに悩む夫や妻が多いことがわかりました。

実際、最近離婚する夫婦の離婚原因を調べてみると、夫もしくは妻のモラハラが原因となり、離婚する夫婦が激増しているのだと言います。

モラハラが原因で離婚になった際は、慰謝料を請求することができ、平均して50万〜200万を請求できるのだとか。

慰謝料以外にも、

  • 財産分与
  • 年金分割
  • 婚姻費用
  • 養育費

の請求も認められています。

モラハラ夫や妻と離婚を考えている人で子供がいる場合は、親権についても気になる人が多いでしょう。

モラハラが原因で離婚する場合は、たとえちょっとの好きでも子供と離れないようにすることが大切です。

勝手に子供を連れてどこかに逃げられないように注意する必要があるのです。

モラハラに気がついた時の対処法

自分がモラハラを受けていると気がついたら、

  • ボイスレコーダーなどでモラハラの証拠を掴む
  • モラハラの専門家に相談する
  • 別居し距離をおく
  • 子供に被害が及ばないようにする
  • 自分を守るために離婚する

などの対処が必要です。

その時点ではモラハラで収まっていたとしても、どんどん暴力的になってくることも十分考えられるのです。

仮に、子供もモラハラの被害者になってしまったら、トラウマになってしまうでしょう。

モラハラに気がついたら、一刻も早く自分や子供を守ることを考えるようにしましょう。

ページトップへ