平均年収ランキング企業・職種・国別まとめ!億万長者はだれ?

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


社会人にとって、考えられずにはいられない年収。

年収は就職活動のときや転職活動の時の一つの指針になるのではないでしょうか?

本記事では、日本国内の企業別・職種別の年収ランキングや世界で年収ランキング上位を占める企業、世界の億万長者、世界的に見た日本の年収ランキングなどをご紹介していきます。

日本国内の企業別年収ランキング

国税庁から発表された2016年度版、「民間給与実態統計調査結果」によると、会社に務める日本人の平均年収は、421万でした。

それでは一体、日本国内の企業別年収ランキングでトップに君臨したような企業の平均年種はどのくらいなのでしょうか?

一位から順に一挙、ご紹介していきます。

  1. GCA:2,139万
  2. M&Aキャピタルパートナーズ:1,905万
  3. キーエンス:1,861万
  4. TBSホールディングス:1,661万
  5. ストライク:1,616万
  6. 朝日放送:1,515万
  7. フジ・メディア・ホールディングス:1,485万
  8. 野村ホールディングス:1,451万
  9. 日本テレビホールディングス:1,427万
  10. ヒューリック:1,418万

1位に輝いたGCAの平均年収は、唯一2,000万を超えていて、2位のM&Aキャピタルパートナーズと大きな差があることがわかります。

10位のヒューリックでも平均年収が1,000万を超えているという結果となりました。

ちなみに、63位の日揮の平均年収は1,ooo万で、64位の豊田通商の平均年収は997万。

年収1,000万を超えるかどうかの境目は、63位と64位の間になるようです。

日本国内の職種別年収ランキング

日本国内の企業別年種ランキングトップ10に君臨している会社の職種は様々だということがわかりました。

では、職種別で日本国内の年収ランキングを見た場合はどのような結果になるのでしょうか?

  1. コンサルティング、監査事務所などの専門職:609万
  2. 企画・管理:520万
  3. 機械・電子・電気などの技術職:484万
  4. IT・通信などの技術職:463万
  5. 営業職:443万
  6. 金融専門職:425万
  7. 建築・土木などの専門職:414万
  8. 食品・薬・化学などの専門職:404万
  9. クリエイティブ職:380万
  10. 事務やアシスタント:329万

という結果になりました。

総じて、コンサルティングや法律関係の専門知識が必要な職業の方が、平均年収が高いという結果に

また、営業職の場合、売り上げに応じてインセンティブが入る企業もあるでしょう。

営業職は、売り上げを伸ばしていける人にとっては、まさに適職と言えるかもしれません。

世界の企業別年収ランキング

日本国内の企業別年収ランキングで見事1位に君臨したGCAの平均年収は2,139万と、国内で唯一2,000万を超えていることがわかりました。

では、世界の企業別年収ランキングと比較してみると、日本国内の企業の平均年収は高いと言えるのでしょうか?

ここでは、「Business Insider」というアメリカの経済ニュースによって発表されたアメリカ国内の企業の平均年収ランキングをご紹介していきます。

  1. A.Tカーニー:1,925万
  2. ストラテジーアンド:1892万
  3. VMウェア: 1838万
  4. スプランク:1771万
  5. ケイダンスデザインシステム: 1724万
  6. グーグル: 1708万
  7. フェイスブック: 1705万
  8. エヌビディア:1683万
  9. マッキンゼー:1683万
  10. アマゾンラボ216:1681万

と、世界に名を馳せている大企業がランクインしているようです。

特に、6位、7位のグーグル、フェイスブックは世界中の誰しもがその恩恵を受けていて、日常的に使っているツールを開発している企業ですよね。

職種別に見ていくと…

1位A.Tカーニー・2位ストラテジーアンド・9位マッキンゼーはコンサルティング、

3位VMウェア・4位スプランク・5位ケイダンスデザインシステム・6位グーグル・7位フェイスブック・10位アマゾンラボ216はIT、

8位エヌビディアは電子機器の職種に分けられます。

日本国内の職種別年収ランキングでも、コンサルティングの平均年収が609万と、平均年収と比較しても高かったように、アメリカでもコンサルティング会社の平均年収は高い傾向にあるようです。

世界中の年年収ランキング!億万長者は一体だれ?

続いては、企業や職種に関わらず、世界中でもっとも稼いでいる億万長者をランク付けしていきましょう!

一体、世界一の億万長者とはだれなのでしょうか?

Forbesによる「世界長者番付」によると…、

  1. マイクロソフト社のビル・ゲイツ:860億ドル
  2. バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット:756億ドル
  3. アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾス:728億ドル
  4. ザラのアマンシオ・オルテガ:713億ドル
  5. フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ:560億ドル
  6. 通信事業を経営するのカルロス・スリム・ヘル:545億ドル
  7. ソフトウエア事業を経営するのラリー・エリソン:522億ドル
  8. 複合事業を経営するチャールズ・コック:483億ドル
  9. 複合事業を経営するデービッド・コック:483億ドル
  10. ブルームバーグのマイケル・ブルームバーグ:475億ドル

ドルで現すとわかりづらいかもしれませんが1位のビル・ゲイツ:860億ドルを日本円に換算すると、9,665,110,000,000.00 円というとんでもない数字になります。

世界の億万長者は想像もできないほどの、金額を稼ぎ出しているようです。

世界的に見た日本の平均年収は高い?それとも低い?

日本の平均年収は421万とお伝えしましたが、世界的にみると高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?

世界の平均年収をランク付けしていきます。

  1. スイス:1073万
  2. ノルウェー:921万
  3. ルクセンブルク:899万
  4. デンマーク:835万
  5. オーストラリア:791万
  6. アイルランド:767万
  7.  オランダ:85万
  8. アメリカ:645万
  9. ベルギー:641万
  10. カナダ:638万

と続き、日本は18位にランクインしました。

10位までにランクインはしなかったものの、世界規模でみると、日本の平均年収は高いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

日本国内の企業別平均年収ランキングや、職種別年収ランキング、世界の企業別年収ランキング、世界の億万長者、世界的に見た日本の年収ランキングをご紹介してきました。

日本で会社に勤めている人の平均年収は、2016年度で421万となり、世界で見ると18位にランクインしたようです。

世界規模で考えてもコンサルティング職は、平均年収が高い傾向にあるようです。

就職活動や転職活動の参考にしてみてくださいね。

ページトップへ