やる気を削ぐ仕事ができない上司の特徴とできる人になるコツ

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


上司なのに私より仕事ができない、はたまた、私は仕事ができないのかもしれない…といった悩みを抱えている人は案外多いのではないでしょうか。

そもそもなぜ、仕事ができる人とできない人が存在すると思いますか?

そこで本記事では、仕事ができない上司の特徴や、仕事ができないという悩みを抱えている人のための解決法などをご紹介していきます。

仕事ができない上司の特徴5つ

自分よりも上の立場にいる上司が仕事をできない人だと、自分の出世に関わるどころか給料やボーナスといった働く上で切り離すことができない対価にも関係してきますよね。

きっと、なぜ上司なのに部下よりも仕事ができないんだろう…といった悩みを抱えている人も多いでしょう。

そんな部下を困らせてしまう存在である、仕事ができない上司の特徴5つをまとめてみました。

【仕事ができない上司の特徴1.やる気がない】

そもそもその上司にやる気がなければ、仕事をきちんとこなせるはずがありませんよね。

このような上司は、会社に通勤をすれば給料が発生するサラリーマンに多いと言えるでしょう。

また、仕事上の目標がなく、生活のためと割り切っているような上司にもこのようなタイプは多いと言えます。

また、やる気がない上司というのは、部下や組織の雰囲気をもこわしてしまう有害な存在なのです。

【仕事ができない上司の特徴2.パソコンなどの電子機器が使えない】

現代社会において、パソコンなしでは仕事を進めることすらできません。

特に、還暦を迎える世代の上司においては、メールはおろかエクセルやワードなどのツールを使いこなせない上司もいるようです。

【仕事ができない上司の特徴3.残業しただけ偉いと思っている】

1 2 3 4
ページトップへ