同僚の意味とは?同期との違いや職場でのコミュニケーション術

仕事・ビジネス 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


社会人になると、「同僚」という言葉を使う機会がぐんと増えますよね。

そんな風によく使われている「同僚」という言葉ですが、読者の皆さんは「同僚」と「同期」の違いを説明することはできますか?

本記事では、「同僚」という言葉の意味や同僚とのコミュニケーションを円滑にする方法などについてご紹介していきます。

同僚の意味とは?

読者の皆さんも「同僚」という言葉を日常茶飯事で使われていると思います。

しかし、よく考えてみると「同僚」という言葉の定義ってなかなか曖昧ではありませんか?

同じ職場で働く人のことを指すような気もするし、同期のことを同僚と呼ぶ気もする…。

となると、上司や部下、社長も同僚になる!?なんてきっと、その定義は曖昧なのではないでしょうか。

「同僚」という言葉の意味を調べてみると、職場や地位が同じ人のことを指す言葉のようです。

つまり、自分よりも地位が上の上司に対しても同僚と呼ぶことができます。

そのため、社外の人に上司を紹介するとき、「同僚の○○課長です。」という風に、紹介しても何ら問題はありません。

同僚とは地位が同じ人という意味に注意

自分より地位が上の上司に対しても、同僚という言葉を使うことができると紹介してきましたが、同僚とは、地位が同じ人というもう1つの方の意味に注意が必要!

同僚という言葉は、自分より見地位が高い上司にも使えますが、同じ地位の人のことを同僚と言い表す人もいます。

小西真奈美

小西真奈美

特に、年齢を重ねた人ほど、同僚という言葉を地位が同じ人という意味で使っている人が多いのだとか。

仮に、そう思っている上司の前で「同僚」という言葉を使ってしまったら大変です。

相手の同僚という言葉に対する認識がわからない時は、同僚という言葉を使わず、「上司」や「課長」といった役職などを現す言葉を使った方が良いでしょう。

同僚と同期の違いは

「同僚」という言葉が持つ2つの意味についてご紹介してきました。

同僚という言葉と同じくらいよく使われている「同期」という言葉ですが、この2つの言葉の明確な違いはわかりますか?

なんだかこの2つの言葉は似ているような気もしますよね。

そこで同期という言葉の正しい意味を調べてみたところ、同僚と同期の意味は異なることが判明。

なんと同期とは、「同じ時期に入社した人」という特定の人のみを現す言葉だったのです。

同僚という言葉は、同じ職場で働く人や地位が自分と同じ人のことを現しますが、「同期」という言葉は同じ時期に入社した人という狭い範囲だけを現しているのです。

つまり、同期という言葉の方が狭い範囲に人を表しているのですね。

一緒に仕事をしたくない同僚

さて、続いては一緒に仕事をしたくないと思う同僚の特徴をご紹介していきます。

もし当てはまる項目が多かった場合は、後からご紹介する同僚と円滑な関係を築く秘訣を参考にしてみてくださいね。

【謝ってばかりで極端に腰が低い同僚】

仕事でミスをしてしまった時は、もちろん誠心誠意謝罪することが大切です。

しかし、取引先との会議や契約などで必要以上に腰を低くする必要はありません。

あまりにも腰が低すぎると、対等な立場で取引を進めていくことができず、後々不利な条件を突き詰められてしまうこともあるようです。

謝ってばかりで極端に腰が低い同僚がいると、一緒に仕事をしたくないのが本音。

取引先と同等の立場で話を進めるようにしましょう。

【SNSで職場のことや職場の人間関係を晒してしまう同僚】

誰しもが個人のSNSアカウントを持っていて気軽に発信することができる昨今、職場で行なっているプロジェクトの詳細や人間関係までも晒してしまう人が増えているようです。

自分が関わっているプロジェクトについて、SNSに晒すというのは守秘義務に相当しますよね。

また、職場の人の悪口などをSNS で発信するというのは、自ら職場での人間関係を悪くしているのと同じです。

同僚と円滑な関係を築く秘訣

「同僚」と「同期」という言葉が持つ意味についてご紹介してきました。

全く同じ言葉のように思えていたこの2つの言葉ですが、案外違いがあったのですね。

よく、仕事ができない人はコミュニケーションがうまく取れないと言われたりしますよね。

裏を返せば、職場でのコミュニケーションはとても大切で、仕事ができる人かできない人なのかどうかにも関わってくるということ。

また、コミュニケーションが取れない同僚とは、意思疎通が難しく、一緒に仕事をしたくないと思う人が多いのではないでしょうか。

それでは、ここからは同僚と円滑なコミュニケーションを取るための秘訣をご紹介していきます。

【同僚に自ら挨拶する】

社会人にとっての基本ですが、同僚との人間関係を円滑に築くためにも、きちんと相手の目を見て挨拶するようにしましょう。

挨拶を毎日交わすだけでもコミュニケーションが生まれ、何かあった時に頼りやすくなりますよ。

【報・連・相をきちんとする】

同僚と同じプロジェクトを進行する場面があると思います。

そんな場合は、相手が同僚であってもきちんと社会人の基本である報・連・相をしましょう。

報・連・相ができない人と仕事を一緒に進めるのは難しくて仕方ありません。

相手の同僚に無駄な気力を使わせないためにも、きちんと報・連・相をすることを徹底していきましょう。

【同僚に責任転嫁しない】

何か不都合なことが起きた時に、責任転嫁してしまっては信頼を築いていくことができません。

また、それまでで積み重ねてきた信頼をも壊してしまうことになりかねないでしょう…。

もし同僚に不都合なことを責任転嫁してしまったら、一瞬であなたへの信頼を失ってしまうことになりかねません。

責任転嫁などせず、失敗の原意と次回への対策を話し合って、上司に報告するようにしましょう。

まとめ

「同僚」という言葉をキーワードに、同僚という言葉が持つ2つの意味と、同僚と同期の違い、一緒に仕事をしたくない同僚の特徴、同僚と円滑な人間関係を築く秘訣をご紹介してきました。

同僚という言葉の意味を、同期と同じだと思っている人も多いため、年配者や地位が自分より上の人にはなるべく「同僚」という言葉を使わない方が良いでしょう。

同僚と円滑な人間関係を築く秘訣を参考に、気持ちよく働ける職場を目指して行ってくださいね。

ページトップへ