梨花発メゾンドリーファーの売り上げやハワイ豪邸生活は順調?

未分類 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


かつては様々なバラエティ番組に出演するなど、テレビに出演する機会も多かったモデルの梨花ですが、最近はハワイでの生活が注目されていますよね。

一部では豪遊しすぎでは…?などと言われている梨花のハワイ生活。

本記事ではその実態についてや梨花が立ち上げたアパレルブランド「メゾン ド リーファー」の現状などについて探っていきたいと思います。

高校時代にスカウトされて芸能界の道に進んだ梨花

梨花は東京都墨田区に生まれました。

梨花の父親はフランス人とのハーフなので、梨花はフランス人クォーターになります。

@rinchan521)さんの投稿

そんな梨花の家族構成は父親、母親、梨花、妹の4人家族で妹も芸能人として活動している時期がありました。

梨花の妹もフランス人クォーターを感じさせるような、透明感があったのでしょうか。

家族の中から2人も芸能人が出るとは驚きです。

2000年代前半にバラエティクイーンの称号を与えられた梨花

厳格な父親に育てられた梨花ですが、高校時代にスカウトされて芸能界の道に進むと、様々なバラエティ番組に出演し、どんなトークにも答える飾らない人柄が同年代の女性から受け、指示を集めました。

@rinchan521)さんの投稿

その甲斐あってか、200年代前半には、「NGなし バラエティクイーン」と呼ばれていたこともあります。

確かに200年代前半を思い返してみると、どのバラエティ番組にも梨花が出演していて、ぶっちゃけトークをしていたような気がします。

梨花は現在ハワイで豪邸暮らし!?

2000年代前はバラエティ番組で活躍していた梨花ですが、現在はハワイの豪邸暮らしを満喫しているようです。

梨花がハワイで借りている賃貸マンションの家賃は一ヶ月だけで100万円を越すのではないかと推測されています。

@rinchan521)さんの投稿

プール付きの賃貸マンションで、キッチンはアイランド型という豪邸ぶり

梨花がとある番組に出演した時に、ハワイでの1日の様子が紹介され、午後の1時には自宅マンションに付属しているプールで、リラックスしている様子が映し出されていました。

梨花は日本にも豪邸を所有している!?

ハワイでの豪邸生活が有名な梨花ですが、年に数回日本に帰国したときのために、日本でも豪邸を所有しているようです。

@rinchan521)さんの投稿

梨花が日本に所有している豪邸は、都内にある一軒家でトレーニングルームやアトリエまで併設されています。

ハワイでも日本でも豪邸を所有している梨花…。

その収入源はモデルやCM、自身が展開しているアパレルで稼いだお金なのだとか。

 2012年自身初のブランド『メゾンドリーファー』を立ち上げた梨花

自身が立ち上げたブランドの売り上げやモデルの仕事の収入などがハワイ豪邸生活の財源になっていることを明かした梨花。

続いては、梨花がどのようなブランドを展開しているのか、ご紹介していきたいと思います。

@tropical.channel)さんの投稿

梨花は2012年 『MAISON DE REEFUR(メゾンドリーファー)』という自身が展開するブランドを立ち上げました。

メゾンドリーファーは梨花自身が厳選した雑貨屋洋服といったオリジナル商品を販売するために、代官山に初代店舗がオープンしました。

@stellamccartneyさんの投稿

販売開始当初から梨花ファンを始めに、人気があるブランドで月の売り上げが1億円を突破したこともあったのだとか。

梨花が『メゾンドリーファー』のブランドコンセプトを大幅に変更

しかし2013年に梨花が「大人カワイイ」というコンセプトに疑問を持ったことをきっかけに、ブランドの方針を大幅に変更。

こうして、『メゾンドリーファー』のブランドコンセプトは「大人カワイイ」から「シンプルカジュアル」へと変更されたのです。

@rinchan521)さんの投稿

「大人カワイイ」というコンセプトで、売り上げを伸ばしていた『メゾンドリーファー』なだけに、「シンプルカジュアル」というブランドのコンセプト変更には心配の声も挙がっていました。

しかしそんな心配をよそに、梨花のブランド『メゾンドリーファー』はまたも売り上げをのばしていくのです。

梨花のブランド『メゾンドリーファー』が大幅値上げ

梨花のブランドコンセプト変更は大成功を納めました。

しかし、2015年4月以降、ブランドを立ち上げた張本人である梨花自身が洋服のシルエットや縫製、素材などについてこだわりぬいた結果、全体的に2割程度値上がりしてしまったのです…。

@rinchan521)さんの投稿

もともと安い値段ではなかった梨花のブランド『メゾンドリーファー』なだけに、値上がりに対してはシビアな声が聞こえていましたが、またもや大成功を納めるのです。

その証に、値上がり以降もお店への来店客数が4,500人にも達したのだとか。

梨花が新ブランド『LI HUA(リーファー)』をオープン

2012年に自身初のブランド『メゾンドリーファー』を立ち上げ、ブランドのコンセプト変更や値上げがあったにも関わらず、大成功を納めていましたが、2015年9月に梨花は新しいブランドを立ち上げました

梨花が2015年9月にオープンさせたブランドの名前は『リーファー』。

@rinchan521)さんの投稿

『メゾンドリーファー』の時は“ REEFUR”と“R”を使用していた梨花でしたが、新ブランドは“LI HUA”と”L”に変更し、身近ブランドになるよう、名付けたのだとか。

身近なブランドになるようにという願いを込めてオープンした『リーファー』ですが、

とにかく高い!という声が相次いでいるようです。

実際、『メゾンドリーファー』を愛用していた梨花ファンからも『リーファー』の価格設定は高いという声が相次いでいて、『リーファー』を買うならハイブランドを買うと、宣言しているファンもいるのだとか。

@rinchan521)さんの投稿

梨花ファンによって支えられていた印象のある梨花発ブランドなだけに、ファンから不満の声が上がるとは今後の展開が心配です…。

しかし梨花自身は、ブランドを全国展開していきたいという願望があるようで、モデルだけでなく実業家としても活躍していきたいようです。

まとめ

2000年代前半には「NGなし バラエティクイーン」と呼ばれ、ぶっちゃけトークでお茶の間を楽しませてくれた梨花ですが、現在は1ヶ月の家賃が100万円を越すと推定される賃貸マンションで生活しているようです。

2012年には『メゾンドリーファー』という自身初のブランドをオープンさせ、2015年にはブランドを『リーファー』に変更。

梨花がオーナーを務めるショップの今後の全国展開が気になるところです!

ページトップへ