潮田玲子はメンヘラ女子?旦那(増嶋竜也)と離婚危機の噂を検証

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


かつてオグシオ旋風を巻き起こした元バドミントン選手の潮田玲子。

2008年の北京五輪では小椋久美子とペアを組み、女子バドミントンの競技人口増加に貢献しました。

プライベートでは現役引退後に、現在の旦那である、Jリーガー・増嶋竜也選手と結婚。

歩む道は変わるも、幸せな人生を歩んでいるように見えたのですが、何故か一部では離婚危機や、キャスターとしての評判も最悪と言われているようです。

では、一体彼女に何が起こっているのか、本記事でその真相を探っていきます。

潮田玲子の旦那はJリーガー増島竜也

バドミントンの競技人口を一気に増加させたことで知られる小椋久美子と潮田玲子のオグシオペア

@smashandnet.tv)さんの投稿

北京五輪で大活躍したオグシオペアでしたが、オリンピック後になぜか解散。

小椋久美子は北京五輪終了後、2012年のロンドン五輪に向けて頑張っていくつもりでしたが、

潮田玲子は1年ずつ様子を見たく、意見が異なった2人はペアを解消しました。

当時大人気だったオグシオペアの解散報道を受けて、世間では悲しむ声が続出…。

旦那の増嶋竜也選手と2人の馴れ初め

潮田玲子は現役引退後に、Jリーガーの増嶋竜也選手と結婚。

増嶋竜也選手は、2011年から柏レイソル所属の選手として活躍してきた選手です。

@masushima_tatsuya)さんの投稿

2017年にはベガルタ仙台に、そして、2018年にはジェフユナイテッド市原・千葉へ、期限付き移籍しています。

柏レイソル所属時代には、2011年からの3年間で築き上げてきた黄金期にレギュラーとして携わる活躍も見せてきました。

しかし2015年に、左膝前十字靭帯損傷で長期離脱を強いられ、大きな試練を迎えることに…。

1 2 3
ページトップへ