『水曜日のダウンタウン』クロちゃん放送事故寸前ドッキリまとめ

未分類 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の放送の中で酔っ払ったクロちゃんが、ベッドの下に潜む姿が映し出された回がありました。

なんと、『クロちゃんのベッドの下、ギリ人も住める説』の中で、

男性がクロちゃんのベッドの下でバレずに生活できるかという企画が行われました。

仕掛け人の男性は、クロちゃんに存在を気づかれないように努めますが、

トイレが我慢できなくなってしまって、流さずに残してしまいます。

その痕跡かたクロちゃんは男性の存在を発見。

恐る恐るベッドの下を覗き込んだクロちゃんはついに、

ベッドの下に潜り込んでいた男性に気づき、恐怖のあまり大声で叫び仰け反ってしまします…。

その後、スタッフがクロちゃんにドッキリを説明するべく自宅に侵入。

すると、クロちゃんは涙目で「怖いんだけど」とスタッフに訴え始めます。

その後、クロちゃんは「何のためにこんなことしてるの」と状況が把握できていない様子でした。

新企画「モンスターハウス」

「クロちゃんのベッドの下、ギリ人も住める説」で

状況を理解できないままでいるクロちゃんに目隠しをし、そのまま連れ去る番組スタッフ。

現場に到着し、目隠しを外されたクロちゃんは

「テラスハウス」ならぬ「モンスターハウス」の企画を聞かされ、男女6人で共同生活を送ることに。

女の子に対して下心丸出しで話かけるクロちゃんに批判が殺到しました。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、『水曜日のダウンタウン』で放送された放送事故寸前とも言われるクロちゃんへのドッキリについてご紹介してきました。

留守中に勝手に自宅に侵入され、ベッドに下に潜り込まれるなんて考えただけで、とてつもない恐怖ですよね…。

今後もクロちゃんへのドッキリ企画は続いて行くのでしょうか…。

今後の展開が気になるところです。

1 2 3
ページトップへ