LiLiCoの幼少期が壮絶で泣ける!精神病の母や地獄の家庭環境…

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントで映画評論家のLiLiCo。最近は純烈の小田井涼平との夫婦話で話題になることが多いですよね!そんなLiLiCoは、じつはかなり壮絶な幼少期を送っていたのです…精神病の母親の存在や、地獄の家庭環境とは?

LiLiCoの幼少期が壮絶すぎる!

肉食系女子、第二の武井壮とも言われたLiLiCo。

タレントとして映画評論家として活躍しています。

2017年には純烈の小田井涼平と結婚。

2019年に純烈が危機的状況になってからも夫を支え続けました!

お笑い芸人とはまた違った野性的なキャラクターで人気者のLiLiCo。

かなり明るい人生を送ってきたんだろうな~と想像しますが、じつは全くの真逆でかなり壮絶な人生を歩んできていたんです!

今回はLiLiCoの壮絶な幼少期についてまとめてご紹介したいと思います。

LiLiCoの幼少期はスウェーデンで

LiLiCoはそのルックスから見てわかる通り、ハーフです。

スウェーデン人の父と日本人の母をもっています。

LiLiCoはスウェーデンで生まれ、幼少期もスウェーデンで過ごしていました。

幼少期のLiLiCoは弟が生まれるまでの間、スウェーデンではごく一般的で幸せな生活を送っていました。

共働きが9割以上をしめるスウェーデンで、LiLiCoの両親ももちろん共働き。

幼少期のLiLiCoは日本でいう保育ママに預けられる日々を送っています。

しかし、両親は徐々に仲が悪くなり…お皿を投げ合うほどに喧嘩が絶えなかったようです。

かなり激しいですね…

LiLiCoは自身の誕生日に、友人の前で肩を抱き合い仲良し夫婦を装う両親の姿を見て、いろいろと疑問に思ったとのこと。。

LiLiCoの弟が生まれ両親は別居へ

さらに、不仲でありながら両親は第二子(LiLiCoにとって弟)を授かり、出産したのです。

LiLiCoの弟が誕生したことで、家族が完全に崩壊します。

LiLiCoの弟は重度のぜんそくとアレルギーをもっており、当時医者に3歳までしか生きられないだろうと言われていました。

1 2 3
ページトップへ