LiLiCoの幼少期が壮絶で泣ける!精神病の母や地獄の家庭環境…

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それを聞いた父親は母親とLiLiCoの元を離れ、両親は別居状態に。

そして、LiLiCoと母親は必死で弟の看病を行ったそうなんです。

スウェーデンでは子どもを近所の家庭に預けることは一般的。

実際にLiLiCoもよく預けられたといいます。

しかし、弟は他人に全く預けられない状況…LiLiCoか母親が看病するしかなかったみたい。

LiLiCoは当時10歳でありながら、仕事をする母親を支え、さらにはいつ亡くなるかわからない弟の世話まで行っていたのです。。

LiLiCoは当時を振り返り、毎日不安だったと語っています…

これだけでも壮絶なのに、LiLiCoにさらに追い打ちをかける状況が襲ってきます。。

LiLiCoの母親が精神病を患う

それがLiLiCoの母親の精神病でした。

なんとLiLiCoの母親は苦労がたたったのか人格障害、さらに統合失調症にまでなってしまったようです。

その影響から、LiLiCoは母親から「あなたを生んだ覚えはない」と虐げられることもあったそう。

一緒に弟の看病を頑張っていた母親からそんなことを言われてしまうなんて…LiLiCoも相当ショックだったでしょうね。

その後のLiLiCoは日本語もわからないままに、歌手になりたいという夢をもって日本へ転居しています。

LiLiCoと母親の関係は、LiLiCoがテレビで活躍するようになってからも続き、当時は頻繁に「死にたい」「今から死にます」「あんたのことは覚えていない。消えてしまえ。死んでしまえ。」というメールや連絡が来ていたとのこと。

テレビで見るLiLiCoはいつも明るかったので、全くわかりませんでしたが、プライベートでは大変な想いをしていたんですね…

最終的に、LiLiCoの母親は精神病患者の施設へ入所、施設内で感染症にかかり亡くなっています。

LiLiCoは最後まで母親と不仲な状況のまま…心残りだったと告白したこともありました。

1 2 3
ページトップへ