Mattは醜形障害という病気?加工&整形やりすぎで心配…

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元プロ野球選手の桑田真澄の息子でタレントのMatt。メイクがすごいと話題になりましたが、最近ではスマホによる加工「Matt加工」が注目に!美を追い求めすぎるMattに醜形障害という病気疑惑が浮上?一体どんな病気?

Mattは醜形障害という病気?

桑田真澄の息子で、美容意識が高すぎると注目を集めているMatt。

テレビやSNSで見かける顔ですが、なんと言ってもそのルックスが印象的ですよねw

最近では、SNSによる加工が取り上げられ「Matt加工」という言葉も飛び出しました。

Mattは否定していますが、常に整形疑惑がつきまとっている事実もあります…

さらに、Mattの異常とも言える美意識は病気からくるものでは?と案じる声も多数あがっています!

今回はMattの異常な美意識は醜形障害という病気ではないか?という考察と、Mattのやりすぎな加工&整形についてもふれていきたいと思います。

Mattも可能性大?醜形障害とは?

まず、Mattが疑われている醜形障害について簡単にご紹介していきましょう。

醜形障害とは、極度の低い自己価値感をもち自分の身体や美醜に極度にこだわる症状のことを言います。

たとえば、自分の容姿に異常なほどにコンプレックスを抱き、1度の整形でも納得いかず、何度も何度も整形してしまう…なんていうのもこの病気の症状に当てはまっています。

この病気の方は鏡を見ることもできず、自分の容姿のことで1日中、悩み考えたりしてしまうみたい。。

世界的な有名人では、マイケルジャクソンが挙げられます。

1 2 3 4
ページトップへ